ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

フォークジャンボリー2010@岩見沢

それは4月の半ばに、シンガーのMisaChiからあった一本の電話から…。
MisaChiは、昨年の主催公演「 和の煌めき 」のオープニングに、アカペラ
で「 天のあわうた 」を歌ってくれたシンガーです。
小学生の頃から民謡全国大会で数々の受賞歴を持ち、抜群の歌唱力でメジャー
デビューもしています。
度々食事をしたり、ライブを観に行ったり、そして私の主催公演の受付を
手伝ってくれたりと親交を続け、妹のように可愛がっています。

「 映美さん、7月に岩見沢に行くことになりまして、丁度、南こうせつさん
の出られるフォークジャンボリー聴かせていただきます〜。」とMisaChi。
かれこれ30年になりますが、高校時代から可愛がっていただいている
南こうせつさんが7月25日(日)、北海道・岩見沢で行われる「 フォーク
ジャンボリー 」に出演することはチェックしていました。共演は、泉谷
しげるさん、武田鉄矢さんの海援隊、石川ひとみさん、THE BOOMです。
「 じゃ、5月8日に日比谷野音である、こうせつのグリーンパラダイスって
いうコンサートに一緒に行こっ!紹介するから…」

そして、MisaChiを連れて5月にこうせつさんのライブに行き、打ち上げにも
参加させていただきました。そこでMisaChiを紹介し、デモ音源も渡したの
ですが…「 丁度ね、岩見沢のフォークジャンボリーに行くんだけど…」と
私が言った瞬間に、「 うん、よし!じゃあね、途中で紹介するから、1曲
飛び入りで歌ってごらんよ。」とこうせつさん。
音源聴いてなくても、直感的に「 縁 」を感じたらすぐに動いてくれるのが
こうせつの天才的なところ!

MisaChiも大感激。
なにしろいきなり5000人以上のお客様の前で、しかも錚々たる共演者に
加わって歌うのですから!
そして、公演前日までなんの打合せもなく、岩見沢入りしたMisaChiちゃん。
正直不安だったでしょうが、すぐにこうせつサイドと連絡をとって会場へ。
歌うのは彼女のルーツ、宮崎民謡の「 正調刈干切唄 」です。
民謡をアカペラで歌えるというのも、飛び入り参加に好都合でした。

「 映美ちゃんも来たら?マネージャーとして…」とこうせつさんの事務所
社長さんにも言われていたのですが、仕事の都合で行くことができず残念。
「 今、リハーサルしてるけど、すごく上手いね。」とご連絡頂き、私もホッ
としましたが、さて、本番は…。

大評判だったそうです!
MisaChi、よく頑張ったね〜。諦めずに歌い続けているMisaChiに神さまが
くださったご褒美。
とても緊張していたでしょうが、堂々と気持ちよく歌い上げていたとみなさん
に誉めていただきました。
こうせつさんも泉谷さんも、いろいろな話をしてくださって、とっても可愛
がっていただいた様子。本当に嬉しい。
ひょんな偶然が重なって、妹のように可愛がっているMisaChiに、兄のように
可愛がっていただいているこうせつさんから思わぬプレゼントをしてもらう
ことができました。
ありがたいご縁に、喜びで胸がいっぱいになった週末でした。

by Emi Nakamura
[PR]
トラックバックURL : http://kyowado.exblog.jp/tb/14838741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kyowado | 2010-07-26 01:00 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)