ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

カテゴリ:美味しいもの( 39 )

スタッフ・浩子です。
電車で10分、浅草によく遊びに行きます。
浅草グルメといえば、天ぷら、うなぎ、蕎麦、寿司、釜めし、洋食、ロシア料理、
もんじゃ、今半(いきなり店名ですが…あはは)、などなどが浮かびますけれど、
美味しい タイ・ベトナム料理のレストランがあります。
エスニックは浅草に似合わない?そんなことありません!!
味は本格的。そしてリーズナブル。浅草寺の近くですが、観光客相手というより
も地元に愛されているお店だと感じます。
☆「クロープクルア」
中でもお気に入りは、グリーンカレー、辛いけれどとってもクリーミー。
でも辛い。辛いの苦手。でも食べたい。という困りもののカレーです。(私にとって)
c0173978_2228565.jpg

刺激がほしくなったらグリーンカレー、おすすめです…♪
[PR]
by kyowado | 2011-08-23 23:23 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

スタッフ・浩子です。
横浜市のセンター北駅近に住んでいる岩国で中学~高校が一緒だった
友人に会いに行きました。
彼女のオススメは、「広東料理 天啓」の夏季限定メニュー「海鮮涼麺」。
化学調味料は使わず、素材の持ち味を最大限に生かした料理、特に
海鮮料理を得意としている…というお店です。
たれは二種類、黒胡麻味としょうゆ味のうち、私は黒胡麻味をチョイス。
c0173978_21503471.jpg

野菜たっぷり、新鮮!ぷりぷりのホタテ、えび、イカ、くらげ、カニ…見た目
のボリュームにまず圧倒されますが、胡麻風味のたれがちょうどよく、麺と
絡んであっさりいただけます。毎年6月~9月半ばまでの限定メニュー、
まだ間に合いますよ!冷やし中華好きな方はぜひぜひどうぞ(^-^)

同じくセンター北駅近くのカフェ「レジオン」でお茶を。
こちらも食品添加物は一切使用せず、出来るだけ無(低)農薬の日本素材で、
安全と美味しさを追求している、フランス菓子とパンのお店です。
食べ歩きとたわいのないおしゃべり、友とゆる~い時間を過ごすのっていい
ですね。 たまには・・・ 時々・・・   いや結構行ってるか・・・
c0173978_21504787.jpg

[PR]
by kyowado | 2011-08-22 22:22 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

スタッフ・浩子です。
暑くて食欲が今ひとつ?ということは絶対ありませんが(^-^;)友人達と
体スッキリとする美味しいものを食べにいこうと、銀座のベトナム風料理
「ベジー」に行ってきました。
オーナーシェフの大熊美佐子さんは、「自分の好きなことをやりたい」…
その強い思いから以前からの夢だったお店 "Veggie" を2006年4月
にオープンされました。
60歳でベトナム料理教室に通い、61歳で野菜ソムリエの資格を取得、
お店を始めて、テレビ・雑誌で取り上げられるなど評判に。(☆ホームページより)
c0173978_0473544.jpg

「やさいたっぷりのコース」~生春巻き
c0173978_0474264.jpg
季節のスープ
c0173978_0475094.jpg
新鮮野菜のサラダ
c0173978_0475522.jpg
ゴーヤの肉詰めの煮もの
c0173978_048144.jpg
野菜いろいろ天ぷらと煮もの
c0173978_048776.jpg
トマトの肉詰め
c0173978_0481243.jpg
葉っぱごはん
c0173978_0484650.jpg
デザート・・・白玉とタピオカココナッツ
c0173978_048526.jpg

野菜をたっぷり食べたくなったら、ぜったいオススメします。
野菜が美味しいことは言うまでもなく、ベトナム風料理なので、スパイシーな
ものだけでなく和風の味付けもあり、ひとつひとつ丁寧に、やさしく調理されて
いて、お腹も心も満たされました。 ごちそうさまでした。。。
[PR]
by kyowado | 2011-08-21 21:21 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)

とうもろこし

カンタン果実酢×電子レンジに続いて、これまたお手軽マイブームなのが、
とうもろこし×電子レンジ。
友人のブログで読んで、「超カンタン!」とやってみたのが、スチーム
ケースのルクエを使ったレシピ。
とうもろこしの皮を剥いて、ルクエにいれて、塩をふって、3分間電子
レンジにかけるだけ。
「あー、とうもろこし食べたいな〜」と思っても、「一本だけ茹でるの
メンドクサイし・・・」なんて思っていたけど、これはラクチン、すぐ
出来る。ここ最近、毎日一本おやつに食べているのである。
ヘルシーおやつでしょ。
ルクエもブームで買ったものの、ほとんど使っていなかったのだが、よう
やく出番がきた。

そういえば、私が子どもの頃に食べていたとうもろこしは、今のような
甘く柔らかい実ではなく、もっと固くて粒も大きかった。一列ずつ綺麗に
外して食べることができるくらい、しっかりとした粒だったが、今や
あのタイプのとうもろこしを見ることはない。
どんどんスイートなものになって、あの種は売れないから作らなくなった
のだろうが、私は好きだったなぁ。

ちなみに「とうもろこし」のことは「とうきび」と呼ばれたりもするが、
ちょっと調べてみると、日本各地で、かなりたくさんの呼び名があるようだ。
『日本方言大辞典』には、なんと267種もの呼び方が載っているとか。
福井では「あぶりき」、三重では「はちぼく」、鹿児島では「さんかく」、
沖縄では「ぐしんとーじん」、島根では「とうとこ」等々、想像もつか
ないほど、違う単語だ。
故郷の広島では「まんまん」?????
そんな呼び方、おじいちゃんもおばあちゃんもしていなかったが・・・。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-07-06 07:06 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

梅酢シロップ

昨年の夏は、マリネ作りに凝って、冷蔵庫には必ず作り置きした野菜の
マリネが入っていた。
今年の夏のマイブームは、果実酢だ。
先日、鍼・マッサージ治療院に行った際、先生がとても美味しいイチゴ酢の
ドリンクと梅酢のドリンクを出してくださった。
クエン酸の働きで疲れをとり、身体すっきり、血液サラサラな感じがする。
早速家でも作ってみることにした。
青梅は店頭から見えなくなっていたが、完熟の黄色い梅がまだあったので、
氷砂糖と食酢とともに購入。

梅を洗って、ヘタを取り、爪楊枝で果肉に少し穴をあける。
ガラスの密閉容器に氷砂糖と梅を段々に重ね、最後に酢を回しかける。
これだけ。
3週間くらいで梅サワーができあがるので、水や炭酸で割って梅酢ドリンク
にしたり、ヨーグルトにまぜたり、寒天でゼリーにしたり・・・。
c0173978_1411178.jpg

ガラスの容器を買いに、近所のドン・キホーテに行った。
左の青いフタの容器がそれ。昨日漬けたばかりのもの。
が、この容器を買った時に、なんともスグレモノの容器を発見!
右側の赤いフタの方だ。
耐熱ガラスのパイレックスが出しているもので、電子レンジを使って
あっと言う間に果実酢・果実酒をつくっちゃおうというもの。
ものは試し、買ってみた。

梅と氷砂糖とお酢をこの容器に入れて、電子レンジで1分間加熱する。
これで12時間後には梅サワーが出来ているというのだ。
ホント、驚き。
昨日の夜作って、今日の午後には美味しい梅酢ドリンクをゴクゴク♪
梅の実はふっくらと柔らかくなって、もう食べられる。
青いフタの方は、あと3週間、ガマン。

バナナ、オレンジ、いちご、ブルーベリー、キウイ、さくらんぼ、
リンゴなどなどいろいろな果実酢が、あっと言う間に出来る。
酢をホワイトリカーに変えると果実酒に。
うーん、これはやみつきになりそう!

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-07-05 07:05 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

てっこん@松陰神社前

三軒茶屋から初めて乗った東急世田谷線、初めて降りた「松陰神社前」駅。
お目当てのお店は「てっこん」。
c0173978_0393565.jpg

とにかく、酒の肴という言葉ではおさまりきれない、一品一品手の込んだ
美味しい料理。
特筆すべきは白飯!「どうやって炊いてるんですか?」と聞くと、
「普通に、炊飯器で…」とサラリ。特別なブレンドを施してあるお米だそう
ですが、水加減も絶妙でうなりました。
地元の常連さんでいつも満席、なかなか入れないそうですが、私もご近所
だったら毎日通っちゃいそうなくらい、素晴らしいお店でした。
日本酒も美味しくて、ヤバイです…。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-06-27 23:23 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

女子会? ~つづき

スタッフ・浩子です。
「味農家」5月の10品コース(3,500円) 。
メニューは月替わりとなっており、その時々の畑でとれる旬のものを
味わうことができます。
写真がちょっぴり暗いですが、どれも野菜のみずみずしい味・香り・
歯ごたえを楽しめるものばかり。また素材の組み合わせや、味付け
がおもしろくて参考になります。

●大根・人参・フキの三色お浸し揚げゴボウ添え
●カブ・絹さや・ベビーコーン炒めのリンゴ酢和え
●豆乳とクルミの柔らか豆腐 梅酒あん掛け
●南瓜・スナップエンドウ・しめじのワサビ漬け和え
●真鯛とスモークサーモンの2種類の大根巻き 和風カルパッチョ
●さわらのたたき(写真なし)
c0173978_12191333.jpg

つづいて、5品の中から「選べる3品」を、いやー迷いました。友人の
チョイスしたものも撮らせてもらいました。
●インゲン・オクラ・エノキの茄子ロール蒸し 胡麻あん掛け
●筍・レンコン・しし唐・椎茸のゆず胡椒炒め レタス添え
●大山鶏のつくねと里芋団子、京焼麩のさっぱりポン酢煮込み
●ズッキーニ・パプリカ・ドライトマトのふんわりソテー 梅肉添え
●空豆とゴボウの揚げしんじょとジャガ芋のピュレ 銀あん掛け
c0173978_12411622.jpg

デザートは自家製ブルーベリーとクリームチーズのアイスクリーム。(写真なし)
※いや~、ホントに写真が下手でスミマセン。。。

量はすこしずつ、たくさんの種類がいただけること、お酒といっしょに楽しめる
ものが多くて話もはずみ、女子会の夜は更けていきました…ふふふ(^-^)
オープンキッチンでてきぱきとこなされる店主の動き、丁寧な仕事ぶりは見て
いてとっても気持ちがよいものでした。
いつか母が上京したときに、連れてきたいなあ、と思います。
[PR]
by kyowado | 2011-05-22 05:22 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

女子会?

スタッフ・浩子です。
映美先輩は本日、トルコに旅立ちました。
※私達は高校の先輩後輩であるため、今も呼び名は「映美先輩」(^-^;)
留守を預かる身としては…なんとなくスースーして落ち着きません。
といっても、別に何を預かってるわけではありませんから、まあ気持ちの
問題ですかね…

さて、「女子会」という言葉が使われるようになって久しいこの頃。
…いくつまで「女子」会、って言うんだよ!というツッコミが聞こえてきます
が、男子じゃないから女子会でいいじゃん!!です(^-^)
恋バナだとかお悩み相談というよりは、ははは・・しゃべって笑って“美味し
いものを食べる”目的の「女子」5人で集まりました!

待ち合わせは青山、、、ではなく、JR御徒町駅。 う~んディープ!
すぐ傍は「アメ横商店街」。18時半頃は、仕事帰り、買い物帰りの人達で
ごった返していました。
c0173978_133374.jpg

目的のお店は駅から15分歩きます。(浅草橋駅からだと12分デス)
ちょっと遠いけれど、何度も足を運びたいお店、なので全然平気!
それに知らない場所の街歩きはなかなか楽しいものです。
「佐竹商店街」~日本で二番目に長い歴史のある商店街なのだそう。
全長330mのアーケードのある商店街、残念ながら19時前だとお店はほと
んど閉まっていました。
c0173978_1332974.jpg

そして目的のお店がある鳥越の「おかず横丁」~こちらは230m、佐竹商店
街と同じく、テレビでもちょくちょく紹介されていて有名です。今度は明るい
時に来なくては!!
c0173978_1333630.jpg

商店街の中程にある「味農家(みのや)」は、“野菜をつくって料理するお店”
です。越谷にある畑で無農薬自然栽培の野菜をつくり、とても新鮮で安全な
野菜料理を食べさせてくれます。
月替わりの野菜コースメニュー(12品10品・7品)、アラカルト、厳選された
地酒・焼酎・ワイン、自家製サワーカクテルなどなど。カウンターだけの
こぢんまりしたお店を、店主おひとりで切り盛りされています。
●味農家ホームページ
今日は、今月の10品コース(3,500円) を選びました。
つきだしは、さわらの卵としらたきの和え物。
ぷちぷち歯触り、とてもシンプルな味付けで美味しい~。
c0173978_1441083.jpg

次にどんなものが出てくるか期待が膨らみつつ ・・つづく!!
[PR]
by kyowado | 2011-05-21 21:21 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

パンダパン

スタッフ・浩子です。
連休の上野動物園は、パンダ目当ての長~い行列・・・だったそうですね!
このパンダブームの賑いとともに、上野公園内外では様々なパンダグッズが
人気だそうです。そして、これは・・・
c0173978_1805960.jpg

夫が仕事帰りに上野駅(ルミネ)にあるアンデルセンで買ってきました。
パンダクリームパン!!
c0173978_181910.jpg

アンデルセンは広島発のパン屋さん。子供の頃から馴染んでいる大好きな
パン屋さんで、都内にも多数店舗があるため、発見するとついつい懐かしくて
寄ってしまいます。
パンダ来園を記念して、パンダモチーフのパンを春に発売したそうで、クリーム
パンの他には、パンダ食パン、アンパンダなど。
お味は・・・普通に、美味しかった!!!(笑)
[PR]
by kyowado | 2011-05-05 22:22 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

先日、友人から贈っていただいた筍は、京都府の北部、丹後半島にある与謝野町
の京都祐喜さんのものだ。http://kyoto-yuki.net/
与謝野町は与謝野鉄幹・晶子夫妻、与謝蕪村など、日本の文学史にその名を刻む
俳人や歌人達のゆかりの地だ。
肥えた土と、山から流れ出る冷たくきれいな水、昼夜の温度差を利用して栽培さ
れたお米は、ツヤ・粘り・甘みが強いのが特長であるという。この京都丹後こし
ひかりは、平成19年〜21年の3年連続で最高級の「特A」を獲得しているそうだ
が、流通量に限りがあるため、ほとんど京都府内で消費され、首都圏には出回ら
ない幻のお米と言われている。
そのお米を届けてくれるのが、京都祐喜さんだ。
c0173978_546651.jpg

「歌人(うたびと)」「京の豆っこ米」「丹後こしひかり」などの銘柄を扱っ
ている。これがもう、たまらなく美味しいお米なのだ。
特にとてつもなく美味しいのが「歌人(うたびと)」。
実は、この筆文字を書かれたのが「 マスラオ 」や「 壱太郎 」の筆文字を書いて
くださった小林覚さんである。先般は、広島で姉と活動している「ひな祭り文化
普及協會」のホームページで「 愛と和の 心育む 日本文化 ひな祭り 」という文
字をご提供いただいた。本当に足を向けて寝られない恩人なのである。
筆文字アーティスト・小林 覚さんの「三左衛門.net」http://sanzaemon.net/
そのご縁で小林さんから教えて頂いたのが、京都祐喜さんの美味しいお米。
京野菜や黒豆も扱っていらっしゃる。
この度、筍に舌鼓を打って、そういえば丁度お米が切れていたし、お仕えものに
もしたいし(手土産に持っていける2kg入りもあり)と、お米のお取り寄せを
したのが届いた。
炊きたてあつあつツヤツヤご飯はもとより、冷めても美味しい。おかずがいらな
いくらい、旨みが強いし、特に独特の粘りを感じる食感が素晴らしい。
あぁ、たまごかけご飯は広島の牡蠣醤油、博多明太子もいいなぁ、海苔の佃煮、
ぬか漬け…あぁ、幸せ。
本当にオススメ!
c0173978_6304456.jpg

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-05-03 05:03 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)