ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

水差しに生ける

浩子です。
ちゃんとした花器でなくても、こんな水差しに気軽に入れても
なかなかよい感じ…♪
目にとまる花をちょっとずついろいろ選んで、形とかなんとか
気にせずにぽんぽん生けるのはとっても楽しいですよ。

この日、目にとまったのはビバーナム。
黄緑色の小さなアジサイのような花は、手まりのようなまるい姿が
可愛らしく大好きです。
チューリップ、ラナンキュラス、スイトピー、レモネードという黄色い
マーガレット。

ちょっぴり冬に逆戻り?という寒い日が続いていますが、
窓辺に春の花があると気持ちがわくわくしてきます。
c0173978_23255337.jpg

[PR]
by kyowado | 2009-03-29 22:22 | Trackback | Comments(0)

木場公園内・東京都現代美術館前、特設シアターにて公演中の「 ジンガロ 」を
観に行った。「 ジンガロ 」 は、主宰者であり、制作・演出も手掛ける鬼才・
バルタバスが、さまざまな国籍の団員や馬を率いて、パリ郊外のオーベルヴィリ
エを拠点に世界各地で公演を重ねている騎馬劇団である。
c0173978_22212214.jpg

2005年の初来日から4年。二度目の日本公演は、遊牧民をテーマにした最新作
「 BATTUTA バトゥータ 」の上演である。ルーマニアの楽団の生演奏にのせて、
生命力に満ちたスペクタクルが、直径20メートルの円形のフィールドに繰り広げ
られる。台詞は存在せず、幻想的な音楽と照明・舞台演出に合わせて、馬と人が
演技する。そう、馬が演技するのだ。美しく、無邪気に…。

前回の上演作品 「 ルンタ 」 は、チベット僧の声明と人馬の躍動が共鳴した濃密
な世界であり、ピーター・ブルックやピナ・バウシュが絶賛した作品であった。
残念ながら見逃してしまった私は、観劇した友人からさんざん評判を聞かされて
いたので、今回の来日公演を非常に楽しみにしていた。

ちょっと期待が大きすぎたのか、私としては演劇的な興奮は少なかったのだが、
シンプルにアクロバティックなサーカス色が強いところが、かえって 「 旅の果て
に辿り着いた原点回帰作 」とした本作品のコンセプトに合致していたとも言える。
ユーモア・ロマン・欲望・嘲笑・希望・不条理が交錯して展開するステージからは、
様々な民族の精神や文化に接触しながら作品を創り上げてきたバルタバスの、フラ
ンスで “ 現代のシャーマン ” と異名をとる由縁が伝わってきた。

馬は美しい。
人も、人生も、美しい。

by Emi Nakamura
[PR]
by kyowado | 2009-03-28 23:23 | いろいろ…観る | Trackback | Comments(0)

「 今日は、映画のことでメールして見たんだ。私マダカスカルツーよりももっと
面白い映画があるんだ。ベッドタイムストーリーって言う映画なんだけどマダカ
スカルツーよりももっと面白いんだって。ディズニーピクサーが、送る傑作品で
面白いんだって。見てみたいよねー。映美ちゃんならわかると思うけど面白いん
だって。
ストーリーは、あるスターキーって言う人が男の人なんだけどベッドタイムの時
間お話してくれるの。そのお話を取りあげてめちゃめちゃな話をするパトリック
クンがそのお話がそっくり現実であり得ない展開を見せるの。それが、すごく面
白いんだって。
映美ちゃんと、一緒ならこれの方がいいかな?と思って切り替えをしにメールし
て見たんだ。お台場でも、いいしドコでもいいから日にち決めてめっちゃいっぱ
い楽しくいっぱい遊ぼうね。 」

あーちゃんからメールが来た。
私が20数年前、住み込みの家政婦をしていた時からのご縁で、家族同然のお付き
合いをしているお家のお嬢さんだ。今は、同じマンションの同じフロアに住んで
いる。
ほぼ毎週末、「元気?どうしてるかなーと思って。忙しいと思うけど、遊べるん
だったら遊ぼうよ。」とメールが入るのだが、なかなかそうお付き合いもできな
いので、2〜3ヶ月に一度位のペースで “ 映画観て、ショッピングして、食事し
て帰る ” といったデートをしているのだ。

あーちゃんのお気に入りの映画館は、お台場のメディアージュなのだが、リクエ
ストのあったディズニー映画 「 ベッドタイム・ストーリー 」 の、日本語吹き替え
版の上映が無かったため、渋谷シネパレスへ。インターネット座席指定などは行っ
ていない映画館だったので、公開初日でさぞや混雑しているのではと思いきや、
3分の2くらいの入り。
ディズニーらしい 「 夢はきっとかなう 」をテーマにした、春休みのファミリー
鑑賞にぴったりの作品だった。

見終わって、カフェへ。
あーちゃんは、チョコバナナタルトを頬張りながら 「 なにか、起きそうな予感が
する! 」 と映画の興奮が続いている。
「 何が起きそう? 」 と聞くと、
「いや、なんだかわかんないだけどぉー、ここを出たら、リムジンが駐まってい
 てぇー…」
「 え?! 王子様が現れるとか?! 」
「 そ、そっれはありえないんだけどぉー…ス、スカウトされるとか… 」
「 え?! スカウトって、何にスカウトされたいの? 」
「 ロック歌手だよ!! 」
そうか。
あーちゃん、ロック歌手になりたかったのかー。

カフェを出て、リムジンが駐まっていなかった話題にはふれずに、近くのディズ
ニーストアに行く。渋谷公園通り店限定のプリクラを撮る。
あ、自分のiPodに使うイヤホーンのコード巻き取り式のものを探していたので、
丁度見つけてお買い物。
次は、ゲームセンター。音がうるさくて長居したくないのだけど、仕方ない。
お付き合いしてあげよう。
夜には用事が入っていたので、今回は食事はせずに家に帰る。
c0173978_204489.jpg

翌日、あーちゃんからメールが来た。
「今日は、昨日のお礼と言うことでメールしたんだ。ディズニーストアーに、
行ったりゲームセンターに行ったりして楽しかったね。ありがとう。
今度は、4月の18日名探偵コナン漆黒のロード者を見に行こうね。お台場で、
やってるといいけど。映美ちゃんも、4月のためにいっぱいお仕事頑張ってね。
映美ちゃんの、ために真夜中のシャードーボーイ( 注:あーちゃんの好きなジャ
ニーズのグループHey! Say! JUMPヘイセイジャンプの歌 )を紙に書いて郵便ポ
ストに入れてあげるよ。なんとなく歌詞がわかるから。
それと、後私が作った詩で映美ちゃんが夢に向かってお仕事をいくらでも頑張れ
るように私の作った詩白い光を備え付けて封筒に入れて郵便ポストに入れてあげ
るね。夢に向かって、たくさんの人々が頑張って元気つけられるそんな詩にした
から。マイクリアファイルに入れて仕事を頑張る時ファイル出してチラと見てよ
し、今日も頑張ると思って頑張ればまた次の夢に向かって頑張れるよ。」

by Emi Nakamura
[PR]
by kyowado | 2009-03-27 22:22 | いろいろ…観る | Trackback | Comments(0)

さて、この 「 0-1テスト 」 とは?
先に述べた 「 0-リングテスト( Bi-Digital O-Ring Test )」 や、アプライド・
キネシオロジー(応用運動機能学)などの筋力検査法を前身とした、体内情報を
腕や指の筋肉反射によって感知できるという原理にもとづいたメソッド。
更に、開発者宮下周平氏のホームページには、
「 一人でできる0-1テストは、親指と人差し指の先端をスライドさせて、ロック
するか否かを微妙に感じとるものです。
私たち生命体の発するサインは、敏感な感性と生理的バランスの調整、利害損得
や先入観、固定観念等に捉われない純粋な真理に対する探究心があれば、容易に
感じとることが出来ます。 さらに、質問のセッティングや絞り込みの仕方、出て
きた答えをどのように判断するかというノウハウと経験の積み重ねがあれば、
0-1テストはどのようなことにも応用可能なメソッドです。
食と環境が汚染され 、アレルギーや成人病の激増する現代において、また地球
全体が大きく変貌を遂げようとする今、生命体の発するサインをダイレクトに
しかも瞬時に受けとめる智恵は、ますます大切なものになってくると思われます。」
と記載されている。
c0173978_16515234.jpg

さぁ、ここから先はしっかりとセミナーを受講した上での実践だ。
企画制作した夏枝さんの“ きちんと学びたい、伝えて共有したい、楽しんでもらい
たい ”という強い想いがぎっしりとつまったプログラムで、丸1日充実した時間が
過ごせること間違いなし。

■ 0-1テスト東京講習会
  開催日 : 5月2日(土曜日)
  会 場 : 池上實相寺
  開 場 : 12時  
  開 演 : 12時30分

12時30分~17時(途中休憩あり)の講義(¥4,000)は、宮下周平氏による
「 0-1テスト 」の成り立ちと習得法、実践と応用、そして奥様の洋子さんに
よる「0-1テスト」を通じて現代の食と健康を考察するという構成だ。
お寺の清々しい気に満ちた100畳の大広間に、 座机を並べての講義は、まるで
大人の寺子屋!わくわくした気持ちになる。

17時〜17時40分は夕食タイム。
「 Kanbutsu Cafe 」のお弁当(¥700)の予約も受付中だ。「 Kanbutsu Cafe 」
(乾物カフェ)は、元ブラウンライスカフェのタカコナカムラさんがプロデュース
したことで知られる 代々木上原の食材店&カフェである。切干大根や、ひじきと
いった日本の乾物からパスタやスパイス、 豆、ドライフルーツなど、様々な乾物
と玄米と旬の野菜をたっぷり使った惣菜とお菓子を展開している店だ。
我が家から歩いて15分の散歩圏内にあるこのお店、前から一度利用してみようと
思っていたので、とても楽しみ!

17時50分〜18時50分、お腹を満たした後は、牧野持侑さんによる極上のヒーリ
ングタイムだ。畳に寝っ転がって倍音の響きを浴びる、アルケミークリスタルボウ
ルのライブ(¥3,000)である。
(尚、講義とライブのセット券は¥6,000と割安になる。)

19時20分~21時20分は親睦会(¥2,000)。
お弁当と同じく、Kanbutsu Cafeによる肉魚卵牛乳を使わないベジタリアン仕様
のお料理が供される。

さて、このセミナーのことをブログにアップしてから、いろいろな方からメッセー
ジをいただき、同じ興味や意識をもっている人がとても多いことに、あらためて
ある確信を持った。そして、そういう人達はみな、シャスタや熊野や幣立神宮や
伊勢神宮、自然食や麻などのキーワードで繋がっているのだ。mixiでいうなれば、
「 マイミクさんのマイミク 」だらけ。(笑)

人間は肉体を持つが故に、様々なカルマ(業)を身に纏う。欲によって、真のもの
を選び取る眼力が弱まり、迷いが生じ、判断を誤る。
しかし、肉体があるからこそ創り出せる美しいもの、味わえる歓喜がある。
人間は神の一部であり、神が創りたもうた最高の芸術であると私は思いたいし、
現代人が失いつつある「 真の眼 」を、もう一度取り戻すための手助けとして、
「 0-リング 」「 0-1 」にみられる脳と筋肉反射の関係といった驚異的な
人体構造を与えてくださった神の愛に、私は心から感謝している。
神さまは、私たちの進化を諦めてはいらっしゃらない…。

講演会の詳細及び参加申込みは、ピンポイントのホームページにて。
 http://www.pinpoint.ne.jp/event//
今年のゴールデンウィーク、仕事は暦通りの休日だ。5月2日に楽しく勉強&倍音浴
した後は、4連休。いろんな意味でクリアな感覚を磨き、細胞が活き活きと喜ぶ休日
になりそうだ。

by Emi Nakamura
[PR]
by kyowado | 2009-03-25 19:00 | いろいろ…観る | Trackback | Comments(0)

現在、響和堂HPにてセッション&ライブの予約受付中の、民族楽器即興演奏家
の奈良裕之さん。東京でのライブは度々お手伝いさせていただいているのだが、
去年の7月、三鷹・沙羅舎でのライブの時に、全身 「 うさと 」 というブランド
の草木染・手織りの自然素材の服に身を包んだ、素敵なカップルがいらした。
その「 タダモノじゃないな… 」 というオーラがとても印象的で、「 何をして
いらっしゃる方達なのかしら?」 と、なんだかとても気になる気になるお二人
だった。
そしてまた8月の終わりに、表参道のギャラリーで行われた奈良さんの写真展&
ライブの際に、お二人をお見かけした。今度はご挨拶して、名刺交換させていた
だいた。音楽プロデュース・イベント企画の(株)ピンポイント、そしてジャズ
シンガー・綾戸智恵さんのファンクラブを運営していらっしゃる磯田秀人さん&
夏枝さんご夫妻だ。
名刺をいただいてから、すぐにピンポイントのホームページやブログを読ませて
いただいたのだが…やはりタダモノじゃなかった。(笑)

何がタダモノじゃないかというと、お仕事の内容はもとより、久が原にお住まい
の頃(現在は、大磯)のお家には、天井をピラミッド形にしたマスタールームが
作ってあり、そのピラミッドパワーゆえか、飼っていらっしゃる猫が22歳だと
いうこと(5歳の猫と暮らしている私にしてみればなんと励みになることか!)、
15年間一度も電球が切れていないとか、また、昨年訪れた北カリフォルニアの
シャスタ山とも縁のあるクリスタルボウルの第一人者・牧野持侑さんのCD「 倍音
浴 」「 睡眠浴 」などをプロデュースしていらっしゃること、私が前から「 欲し
いなぁ〜買おうかなぁ〜 」と考えている「 Marty101 」というスピーカーを取り
扱っていらっしゃること…
何しろ、心と身体に気持ちいいこと満載なのだ。

今年最初の満月、鏡開きの日。千石での奈良さんのライブにて再会。奈良さん
からは「 磯田さんが、私のCDを制作したいということで、今、いろいろ進めて
いるのですよ。」 と聞いていた。この日のライブの後は、奈良さんと磯田さんの
座談会もあり、磯田さんの「 倍音が身体に及ぼす効果 」 についてのお話は、
とても興味深いものだった。
「ホームページに登場していた猫ちゃん、22歳なんですってね?!もう、感激
です!」と夏枝さんに話しかけると、「あのコはあれから亡くなったのですけど、
別のコも21歳ですよ。」 うわぁーーー!20歳以上の長生き猫さんが複数暮ら
す家って…スゴすぎ。奇跡と言っても大袈裟じゃない。
健康長寿は、ホンモノの音と食で作られる。猫さんも本当に居心地がよいのだろう。
(私、ここんちの子どもにしてもらおうかしら?…笑)
最近の磯田さんは、ホーメイの第一人者で超歌唱家の巻上公一さんを講師に招い
てのホーメイ教室まで開催していらっしゃる。
もう、磯田家から目が離せない!

そんな、夏枝さんから「 仕事としての興味から取り組むべき企画に行き当たって
しまいました。」と案内がきたのが「 0-1テスト 」のセミナーだ。
「 今回5月に行なうイベントは、ある意味において、 これまで封印されてきた画期
的なメソッドを世に伝える最初の機会だと、私は思っております。
ですので、力のある方たちにぜひとも習得していただいて、その方たちを通して
世の中をもっともっと自由な場にしていただきたいのです。
誰かに助けてもらうのではなく自らの判断力でものごとを決める、
そして、自らを癒す力をもちえたなら、
どんなに素晴らしい人生が送れることでしょう。 」

( …続く…ひっぱるひっぱる… )

by Emi Nakamura
[PR]
by kyowado | 2009-03-24 15:15 | いろいろ…観る | Trackback | Comments(0)

今から20数年前、知人から 「 O-リングテストって知ってる?自分の身体
に合うもの、合わないものが瞬時に判断できるのよ。ちょっとやってみよ
うか。はい、右手出して…。親指と人差し指の先をくっつけて、輪っかを
作って…。左手にはこれ(A社のビタミン剤)を握って…。そう、私がこ
れから右手の輪っかを外そうとするから、外れないようにギュッと力入れ
ていてね。ハイッ!」
彼女が私の右手に作った輪っか(O-リング)を外そうと、両手でひっぱる
が私も負けずに力を込めるとその輪は外れない。
「じゃぁ、次ね、これ(B社のビタミン剤)を左手に握って、同じように
ひっぱるわよ。ハイッ!」
彼女がクイッと輪っかをひっぱると、今度はいとも簡単に輪が外れてしま
った。
私は、同じようにしっかり力を込めて輪っかを作ったつもりなのに、なんで?
「 あれ?ちょっと待って。なんか力抜けちゃった。もう一回やって!」 と
再度試みたが、何度やっても同じ。いくら力をいれても、指がパカーッと
開いてしまう。
「 映美ちゃんには、A社の薬は合うけど、B社の薬は合わないってことなの。
これは、いろんなことに応用できるのよ。で、不思議なことにすごく的中
するの。」
早速、廻りにあるいろんなものを握って実験してみると 「なんか、身体に
悪そう…」と思ったものは、みな力が抜けてパカパカ外れてしまう。
良いと思われるものは全く外れないし、たいして悪くないだろうと思って
いたのに外れてしまって、よくよく成分表を見てみたら添加物が入っていた
りと、無邪気に驚きながら実験を楽しんだ。
極め付けはその時にしていた指輪で、とても気に入って大事にしていたもの
だったのに、パカーッ。当時持っていた指輪の中では、一番高価なプレゼン
トだった。もうひとつ着けていた、別の指輪(自分で買った安い物)は全く
外れない。…げっ!
気にしないようにしよう!と決めて、その後も度々身に着けていたが、ひと
月くらい経った頃だろうか、旅先のホテルの部屋に忘れてきてしまい、慌て
て戻ったが、出てくることはなかった…。やっぱりあれは、縁がなかったん
だと、ある意味諦めもついたのである。

そうして、時は流れ、O-リングテストのこともすっかり記憶の彼方へ。
先月、友人から 「 映美ちゃん、私の持っているこの二つの水晶。なんか
自分に合わなくなってきた気がするの。悪いものを吸い寄せてるような気が
するんだけど、浄化してくれない?」 という話があった。
早速見せてもらったが、私にはその水晶が浄化が必要な状態には思えず、
持ち主がそんな感覚を抱くのは、別の所に原因があると感じた。
その時「 ね! 右手出して、輪っか作って…。左手でこの水晶握って。」
と、思わず口をついて出てきた。
彼女は「あ、O-リングテストね。そういえば、この水晶買った時も、店で
O-リングテストしてみて、自分に合う水晶を選んだんだったわ…。」
そして、私は輪っかを外そうと力一杯ひっぱったが、輪は外れない。
「 ね? 外れないでしょ。決して合わなくなったわけじゃないのよ。私が
思うに・・・・・」

その1週間後、ある方からメールを頂戴した。そこに書かれていたのは
「 …お時間がございましたらぜひ参加していただきたく…ひと言でいいま
すと、O-リングテストなどを前身として開発されたO-1テストのセミナー
です。…」
おぉ、またもやシンクロ!

そもそもこの、O-リングテストって、どういう原理なのだろう?
これは、ニューヨークの心臓病研究所所長・大村恵昭博士によって 、医学的
診断治療のためのメソッドとして確立したものだそうだ。
正式名称は、バイ・ディジタルO-リングテスト(BDORT)といい、その
協会の公式HPをみると、
「 筋の緊張(トーヌス)を利用して生体情報を感知する検査手技である。
BDORTは、ニューヨーク在住の日本人医師大村恵昭博士が1977年頃くらい
に考案した方法で、最初の論文が発表されたのが1981年で ある。
生体そのものが極めて敏感なセンサーで、毒物を近づけたり、体に合わない
薬剤を手に持たせたりすると、筋の緊張は低下し、逆に有効な薬剤では緊張
が良好に保たれるという原理に基づいている。
大村教授は、脳の血液循環と握力の関係を研究する過程でBDORTのヒントを
発見した。高校生を対象に行われた実験により、脳の血液循環が良い方の側
の握力が強くなることが判り、脳と手の筋力、特に指の筋力が非常に密接に
関連していることが確認された。
更に、身体の異常のある部位に1本の髪の毛で触れる程度の微かな刺激を与え
るだけで指の力が弱まること、そして、ある臓器に、その臓器がコントロー
ルする物質や分泌物、或いは臓器と共通する因子を近付けた場合も、指の力
が著しく変化することも明らかとなった。」 とある。

大変有効な診断法ではあるが、医学的補助診断法であるため、これを利用す
るのは医師・歯科医師・鍼灸師・看護師・薬剤師の医療有資格者のみとなっ
ているそうだ 。一般の人が気軽に判断材料とすることは、開発者によって
封印されているテストであることを初めて知った。
しかし、それを、一人でもどこででもより簡便に、スピーディに正確に行え
るように実用的なものに改善し 「 0-1テスト 」 という名称で商標登録を
とったのが、札幌で20数年間、総合自然食品店 「 まほろば 」 を経営する
宮下周平氏であり、今回その宮下さんご夫婦によるセミナーが、東京・池上
實相寺で行われることになったのだ。
それを企画した方からのメールであった。 ( …続く… )

by Emi Nakamura
[PR]
by kyowado | 2009-03-23 15:15 | いろいろ…観る | Trackback | Comments(0)

鳥栄@上野池之端

浩子です。
鳥好きの友人たちと、鳥鍋を食べにいこうと話が出たのは昨年秋口。
ならば湯島の名店「鳥栄」に行きたい~♪ということになり、11月に電話をしたら、
2月まですでに予約でいっぱい。
かといって他の店に変更する気にならず、リベンジを誓い…
3~4月分の予約を受け付ける1/6の朝、つながらない電話を30分以上
かけつづけて、やっと予約ができました。
c0173978_22252391.jpg

すこし前まで梅祭りをしていた湯島の天神様のすぐ近く、交差点をちょっと
入ったところにあります。
街中にもかかわらず、3年前に改修されたというお店は、木組みの美しい外観で、
そこの一角だけが別次元のように感じられます。
格子戸をがらがらと開けて、やや緊張気味にお店に入ると皆さんに笑顔で迎えられ、
二階に案内されました。
私たち4人が通されたのは、3畳ばかりの小さな部屋、仲良し女友達で
鍋を囲むのに打ってつけです。
店に入ったときから、カタカタカタタンとリズミカルな包丁の音がずっと聞こえています。
「あれはつくねだよ!」 20年近く前に鳥栄を訪れたことのある友人。
ほどなく、小さな囲炉裏に、きれいな炭がくべられました。
半透明に輝く上質の炭…。
子供のように覗きこんでいると、顔も体もぽかぽか、アルコールが入る前から
赤い顔(笑)
c0173978_22254375.jpg

そこに鉄鍋が置かれ、鶏がらスープが注がれてみりんを少し入れます。
きましたきました…(^-^)
c0173978_22255793.jpg

きれいなつやつやの鶏肉、肝、砂肝、それから焼き豆腐とネギ。
大根おろしにちょっとお醤油をたらして山椒をふり、あっさりいただきます。
なんてシンプル…鶏肉の味、歯ごたえ、ぜんぶ美味しい…。
c0173978_22262962.jpg

あっという間に鍋は空になり、スープに塩をすこし入れていただきます。
濃厚な鶏スープも美味しいですが、こちらのスープはきれいに澄んでいて、
さらっとしていながら旨みが凝縮されており、とても味わい深いです。
そして、待ちになった新しいお皿が運ばれました。
そう、カタカタと何分も叩かれて、すべすべ滑らかになった「つくね」です。
こんなつくねは見たことがありません!
それを匙ですくいながら次々と鍋の中へ。
c0173978_2226149.jpg

アツアツふわふわジューシーを、また美味しい大根おろしでいただきます。
この大根おろしも、水分がほどよくてめちゃくちゃ美味しいのです。
あ~満足満足…お腹いっぱい~…
と、そこへ、炊き立てのご飯がきました。
雑炊かと思いきや、ご飯に塩を好みでふりかけ、スープをかけていただきます。
うう…これは止まりません。
ダイエットのことも忘れ果て、気づけばお櫃は空っぽに。(白状します。三杯食べました。)

薄味の美味に感動するとともに、
普段、いろいろな味、濃い味のものをどれだけ食べているか、ということを
しみじみ感じました。
鳥栄さん、お店まるごとが温かくて、お腹も心も満たされた夜でした。
[PR]
by kyowado | 2009-03-21 14:14 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

ル・カカオティエ

ショコラクラブ・ジャポン、今季最後のショコラは 「 ル・カカオティエ 」。
メゾン・デュ・ショコラのDNAをもつショコラティエは、ユベール・マス氏。
パリ郊外のアンギャン・レ・バンに本店を構え、パリ市内には昨年10月に
支店を出したばかりだ。日本では、バレンタイン時期に輸入販売された年も
あったが、常時取り扱い店舗はない。
c0173978_1843527.jpg

箱を開けて、わぉ!ショコラクラブ・ジャポン会長がセレクトした 「 ル・カカ
オティエ 」の8粒とともに、私の大好きな 「 レミ・アンリ 」 の “ ロランジェ
ット ” が入っているではないか! 右端にある、細長い棒状のショコラ。
厳選したオレンジの皮を1週間丹念に煮詰めたものをチョコレートでコーティ
ングした、レミ・アンリ氏のスペシャリテだ。

さて、「 ル・カカオティエ 」のショコラ。
青い状態のバナナをラム酒でフランベして加工したガナッシュをダーククーベ
ルチュールで包んだものや、サクランボのガナッシュを使ったもの、レモン
の蜂蜜入りガナッシュなど、独創的な品が多い。が、奇をてらった味ではなく
美味しい。
ウィスキーのガナッシュ以外は、全てダーククーベルチュールで包んであった
ので、諄さを感じることなく、素材の違いを楽しみながら舌鼓を打つ。
「 レミ・アンリ 」のショコラがもうひとつ、オレンジのコアントロー入りの
ガナッシュが「 ル・カカオティエ 」 と食べ比べできるように加えられていた。
これは「 レミ・アンリ 」の方が、細かくしたオレンジとの2層で風味も強く、
氏の巧みさがにじみ出ていて私は好き。
とはいえ、総じてとても美味しかった。

来季に登場するブランドが「 秘密のショコラ 」として、一粒。カシスの美味
しさが瑞々しく際だっていて、ウーン、これ、どこのショコラだ?! 
早く知りたいっ!
昨年11月から5ヶ月間の、ショコラの楽しみが終わり。
この秋には、またどういうショコラに出会えるか、首をながーくして、待つこと
にしよう。

by Emi Nakamura
[PR]
by kyowado | 2009-03-20 20:20 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

ホット枕

手作りしてみました。
c0173978_16121363.jpg

28cm角のタオルハンカチを袋状に縫って、中に玄米を詰めたもの。
電子レンジで2〜3分チンすると、じんわりあったか〜いホット枕になります。

実は、今通っているヨガスタジオで、寝るスタイルの時にお腹の上に置いたり、
腰に置いたりして、これと同じ形状のホット枕を活用しているのです。
首や肩、頭の上に乗っけたりして、それはそれは気持ちいい。
簡単にできそうなので、自宅用に早速作ってみました。

丁度、お土産にもらった織り地の細かいタオルで、手頃な大きさのものがあった
ので、これはしっかりしていい感じ。
家にミシンがないから、細かくチクチク手縫いしていきます。
中に入れる玄米の量は、多すぎるとチンする時間が長くなりますが、加減しな
がら自分好みの量を決めました。スタジオで使っているものより、少し大きめ
サイズ、適度な圧がかかるように玄米はすこし多目に…。

あー、なかなかいいじゃん。 キモチイイ。
すっかり気をよくした私は、これは友達のプレゼントにも喜ばれそう〜♪
と、調子に乗っていくつか作ることにしました。
c0173978_16424487.jpg

運良く近くの東急ストアで、同じシュニール織りのタオルが円高還元か、半額
近く安くなっているのを発見! ラッキー♪
しっかり細かい手縫いをするとかなり時間がかかるのだけど、それも何だか
気持ちが入っていい感じ。
中にいれる玄米は、まずは私の部屋の神棚にお供えしたものを使います。
電子レンジにかけるのにちょっと抵抗あるのですが、そうしないと用途を
成さないので、神さまの力をいただいた玄米にしようと…。

今やっているヨガでは、丹田を鍛え、腸運動をすること、身体を温めることを
基本にしています。手軽に繰り返し使えるホット枕、季節を問わず、活用して
いきたいと思っています。

by Emi Nakamura
[PR]
by kyowado | 2009-03-19 00:00 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)

パステルな春

浩子です。
3月の花教室では、
チューリップ、アネモネ、ラナンキュラス、フリージア…
いろんな種類の花を 背の高いグラスに生けました。

春の花はやさしいパステル、愛らしいです。
c0173978_21325377.jpg

[PR]
by kyowado | 2009-03-18 11:11 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(2)