ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

続いては、ヴァイオリン・白須今さん。
c0173978_0135817.jpg

c0173978_0142014.jpg

c0173978_0151515.jpg

c0173978_0144676.jpg

c0173978_037916.jpg

c0173978_0164710.jpg

c0173978_0172112.jpg


仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2010-10-27 23:23 | Live | Trackback | Comments(0)

平成22年8月22日(日)座・高円寺2にて開催した「 マスラオコンサート 」。
大変遅くなりましたが、Live写真をアップいたします。
前半は二十五絃箏・中井智弥とヴァイオリン・白須今、後半は岩井卓也・
石垣秀基・中村仁樹の尺八アンサンブルという、イケメン5人衆による
このコンサート。どちらのユニットもこのマスラオコンサートで新たに
誕生したものですが、感動と熱狂の素晴らしいコンサートでした。
来年3月27日(日)に同じく座・高円寺2にて再登場です。
どうぞお楽しみに。

さて、Live写真。まずは、二十五絃箏の中井智弥さんから。
c0173978_204878.jpg

c0173978_1531941.jpg

c0173978_1525593.jpg

c0173978_1541278.jpg

c0173978_1534438.jpg

c0173978_1545874.jpg

c0173978_1551891.jpg


仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2010-10-26 02:00 | Live | Trackback | Comments(0)

お買いもの

10日の公演が終わるまで、なかなかブログをアップする余裕がなくて、
さぁ、これからいっぱい書くぞー!と意気込んだものの5日で連続記録は
ストップしましたね。
(…意気込まないで、もっと短い日記にすればよいものを。(^_^;))

さて「 Macか?Windowsか?」悩んだ前回の日記。予想以上の反響で
たくさんのお友達からあーでもない、こーでもないとメールを頂きま
した。(Thanks!!)
で、やっぱり10対1で軍配はMacにあがり、10月21日午前2時からの
新作発表会中継にも参戦して早朝5時まで盛り上がり・・・
注文しました、Mac Book Air !!!!!!!!!!!!
Mac歴20年とはいえ、いつも周りのMacユーザーに助けられ、電源
入れれば使える状態にしてもらってからの利用なので、詳しいことは
何もわかりません。今回もMac師匠Sクンに、ひとつひとつ説明をして
もらいながら、私に必要なフル装備を確認してもらって注文!
(こういう時、ただ頭がいいだけじゃなくて、説明が上手な人って
本当に尊敬するわー♪)
あとは納品を待って、セットアップする(してもらう)だけ。
今のPower Book G4が本当によく頑張ってくれたので、Windowsとの
互換性の問題を除けば持ち歩きの時の重量しか気になりませんでしたが、
驚異的に性能がアップしているそうです。楽しみ。

話は少し前に遡りますが。
10日の公演が近付くにつれて、毎日500g位体重が減っていく。
ちゃんと食べてるのに、やはり起きてる時間が異常に長いし、クルマ
移動をやめたからかな?と思っていました。一日500gですから
1週間で3.5kg。でも、どこが痩せたのか全くわかりません。
目に見えず、洋服のサイズにも関わりなく肉がおちるところって
どこだろう?
スティーブン・キングの著書に「 痩せゆく男 」ってあったけど、まさか
ホラーじゃないよね?
公演前に体力落ちてダウンしても困るから、栄養価の高いものをしっか
りとっておこう(これまでの備蓄を考えるとそんな必要全くないので
すが)などと思っているうちに、ある日、体重計は48kgに!
身長164cmですし、有り得ない数字です。あれれ?と思って、場所を
替えて測ってみると、キッチンのクッションフロアで48kgだったのが、
バスルームのタイルで53kg、リビングのフローリングでは32kg・・・
なんだ体重計壊れてるんじゃん!!
6月に引っ越しした時にヤマダ電機で買って、まだ4ヶ月です。
すっきりシンプルデザインのスタイリッシュ体重計。高価な多機能ヘルス
メーターではなかったので、保証書だって保管してないし。(^_^;)
これは、Macより先に買い換えないと!

そう、先日ヤマダ電機で買って帰ったあるものとは「 体重計 」でした。
以前多機能ものを買っても、毎日残念な思いしかしないので、私には
必要のない機能だと割り切って、またもや安価でシンプルデザインの
ものにして買って帰り、おそるおそる乗ってみると・・・。
そこには、500gも減っていない、ありのままの私がいたのでありました。
なにが、スティーブン・キングだ・・・。

同じ日に、池袋・ヤマダ電機から新宿・伊勢丹に寄って買って帰ったもの
があります。
吉祥寺にある紅茶専門店「 リーフル 」が伊勢丹と提携してコーナー展開
しているNAVARASAにて、2010年セカンドフラッシュのダージリン茶・
マーガレッツホープ農園のもの。普通の茶葉よりも(100gの茶葉が買っ
た体重計よりも)高額ですが、お店で飲むより自宅で飲んだ方がずっと
安価。
私は、紅茶用のポットではなく、中国茶の蓋椀(がいわん)で淹れて
その気品高い薫りを楽しんでいます。
c0173978_16395690.jpg

6月の引っ越しから続いた怒濤の日々から、ようやくゆったりソファー
で寛いで、ゆっくりお茶を飲みながら、秋の夜長を楽しめるようになり
ました。(なったはず…。毎日誰かしらお客様が来て、どこかしら出掛け
て行っておりますが。)

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2010-10-24 15:15 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)

Mac歴、かれこれ20年。
キャノンのワードプロセッサーから、初めてパソコンを購入したのがMac
だったので、以来ずっとMacユーザーです。
会社でもMacを使い、各支店にいる部下も全てMacでネットワークしてい
ました。取引先から送られてくるOffice文書の互換性が低く、書体が違っ
たり、レイアウト崩れしたり、開けなかったりいろいろ不都合があっても、
やっぱりMac。
Windowsでインターネットを見ると、あまりに文字がギザギザで美しくな
いことに我慢できず、ずっとMacを使い続けています。
会社のメインバンクである三井住友銀行が、法人用のネットバンキングを
Windowsしか対応させないという暴挙に出たときも、ネットバンキングの
為だけにPanasonicのLet's noteを購入してもらいましたが、それ以外に
は一切使っていません。

愛機はPower Book G4・15インチのノートブックで、2006年に販売終了
となってMac Book Proが後継になりましたが、5年以上使っていて一度も
故障したことない“ とってもいい子 ”。デスクトップのiMacも持ってい
ますが、もっぱらこのノートばかり使っております。
それがこの度、本体の『 H 』のキーが壊れてしまいました。
主にキーボードとマウスは別に取り付けて使っていますので、支障はあり
ませんが、ノートパソコンとして本体のキーで入力することができません。
『 は行 』使わずに文章打てないもん。(よりによって『 H 』封印とか、
そこのとこ突っ込まなくてよし!)

実は丁度新しく参画するビジネスプロジェクトで、パワーポイントを使っ
た資料作成が必須なのですが、Windowsを使わなければならない。
ついにMacからWindowsに乗り換えるか、Macを買い換えるか悩みつつ、
池袋のヤマダ電機日本総本店へ。(ヤマダ電機はやはり池袋が一番いいと
思う!品揃えはもちろんのこと、従業員さんも。)

Macの売場に行って事情を説明すると、「今まで、Macをお使いでしたら、
絶対Macをオススメしますね!あまりにも違いますから、Windowsでは
きっとストレス感じますよ。丁度まもなく、新しいOfficeが発売になって
互換性が一段と向上しますから、それをお使いになってはいかがでしょう
か?!」
互換性の向上・・・本当だろうか? レイアウト崩れはなくなるのか?
大丈夫?

Windowsの売場に行くと、秋冬モデルが発売になったので、夏モデルの
店頭見本をクリーニングして7万円で販売(NECのLaVie15インチの綺麗な
レッドのボディ、キーはブラック)していて、もちろんWindows7搭載。
とりあえず、資料作成はこれでやるか!?と揺れ動く女ゴコロ。
新型Mac Book Air発表の噂もあるとかないとか? 
あーーん、どうしたらよいのかしら。
結局決められなくて購入せず。
とあるものだけ購入して帰宅。・・・とあるものが何か、は次の日記で!

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2010-10-19 23:23 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(2)

c0173978_2137399.jpg

知人のお嬢さんと、二人で行く約束をしていた東京ディズニーランド。
10日の公演が終わったので、早速約束を果たしました。
駐車場からゲートに向かう途中、彼女が繋いだ手をギュッと握って、
「 さぁ、これから夢の時間が始まるねっ! 」と、瞳をキラキラさせながら
言いました。やはりディズニーランドってすごいところだなぁって思います。
c0173978_2149326.jpg

彼女の30歳になるおにいちゃまが幼稚園の時も、手を繋いで二人で行った
夢の場所。同じようなことを言っていました。
c0173978_2158434.jpg

また来ようね。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2010-10-18 00:00 | ちょっとお出掛け | Trackback | Comments(0)

高校同窓会@上野精養軒

10月16日(土)上野公園の中にある上野精養軒にて、私と浩子ちゃんが卒業
した山口県立岩国高等学校東京同窓会が行われました。
今回の出席者は約200名。
毎年10月の第3土曜日にここで行われます。上野精養軒の社長も岩国高校の
先輩でいらっしゃるので、いろいろと便宜を図ってくださっているのです。
c0173978_0403573.jpg

校歌斉唱、壇上に上がられた元応援団の先輩は、さすが、しっかりと“ フリ ”
も憶えていらっしゃる。
左から6番目の男性は、総務副大臣の民主党議員・平岡秀夫氏。
c0173978_0503690.jpg

先輩方と一緒に。
私のお隣の方は、10日の「 和の煌めき 」公演にも来て下さいました。
「 ちゃんと適正に利益が出るように考えんといけんよ。ほいでないと続か
 んからね。」
「 ここで名刺配りまくって、営業しんさい。貴女はすごいことやりよるん
 じゃけ。」
みなさまいろいろと気遣ってくださいます。ありがたいことです。

上野公園に来たら、打ち合わせ兼ねて浩子ちゃんと必ず立ち寄るのが
「 韻松亭 」の甘味処「 喫茶去 」。ここのクリームあんみつは絶品です!
自家製生麩とゼリー(寒天とは異なる海草ゼリー)の食感がたまりませんっ。
c0173978_1285772.jpg

c0173978_1411955.jpg

趣のある店頭にて。
10月10日公演のために新調した着物、もう一日着て仕舞うことにしまし
たが、着物を着てお出掛けするって気持ちいい。
外国人観光客から何度もシャッターきられたのも、着物なればこそで
しょう。
さわやかな秋風の吹く、よい一日でした。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2010-10-17 02:00 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)

和キラ☆打ち上げ写真

日本橋劇場の「 和の煌めき 」終演後、人形町の居酒屋さんにて。
c0173978_1455564.jpg

みなさん、お疲れさまでした!
素敵な時間をありがとう。
あれが良かった、ここが悪かったと夜が更けるまで話は尽きません。
場所を変えて、結局始発までコースになった人多し!
みんな興奮していましたね。

早速このメンバーでの再演を望まれています。
いつ実現できるかな…。響和堂もしっかり体力つけなくてはいけませんね。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2010-10-16 02:00 | Live | Trackback | Comments(0)

2010年10月10日、日本橋劇場において開催いたしました「 和の煌めき
Vol.2 」。
お陰様で、満員のお客様をお迎えし、成功裡に終了することができました。
心より御礼申し上げます。

400名のお客様から160枚のアンケートをお寄せいただきました。
「 和の域を超えた、心から躍動するような素晴らしいコンサートでした。
 和楽器とは思えないカッコ良さで背中がゾクゾクするような感動を覚えま
 した。今後も益々期待したいです!!」
「 素晴らしい演奏にただ身も心もゆだねて楽しみました。神無月に神在月。
 我にも神在月の日となりました。それぞれどの演奏家も素敵で、和が世界
 に通ずる勢いと奥深さに感動!言葉では表しきれません。きてよかった!
 ありがとうございました。」
「 太鼓の音に炎を、尺八に風を、三味線に大地を感じました。日本の楽器や
 演奏をする方の姿に、胸が高鳴りました。素晴らしいですね。」
「 神を感じました。」
「 和の煌めきVol.1もとてもよかったけれど、今回のVol.2はその企画といい、
 その演奏といい、内容が高く感激しました。今後ともこの企画を継続して
 くださることを強く願っています。ブラボー!!!このシリーズの年2回
 の公演も考えてください。」
「 素晴らしい!!の一言です。本当に来てよかったです。今日はあまりの
 感動で眠れそうにありません。本当にありがとうございました。心からの
 拍手を贈ります。」
「 和楽器の音色の美しさに感動しました。また和楽器の何か無限の可能性
 のようなものが感じられた演奏でした。特に最後の組曲を聴き、日本人
 に生まれた来られた喜びを実感しました。」
「 何度も何度も、来てよかった来てよかったと思いながら聴いていました。
 心のいろいろな線を、すごくかき鳴らされた気がします。」
「 孫にすすめられて来ましたが、感激いたしました。NHKホールでやれば
 いいのにと思いました。」 

等々、たくさんのメッセージをありがとうございました。
初めて邦楽コンサートに来たという小学生の「すべての曲が体にひびき
ました。ぜひ機会があったら、またきたいです。」という、可愛らしい
筆跡もありました。
私の伝えたかったことをカタチにすることが出来た、そしてみなさまに
お楽しみいただけた喜びに包まれております。

予期せぬアクシデントや失敗が重なり、思い入れの強いステージだけに
悔しいシーンも実際にはありました。
しかしながら、ホンモノのアーティストのパフォーマンスはゆらぐこと
のない力強い煌めきを放っていました。この素晴らしい仲間達とステージ
を創出することができたことを誇りに思います。
今回は、私の直感によるキャスティングで、初共演の新しい試みが多く、
アーティスト自身も想像していなかったステージ創りでした。
プロデューサーの私に「 私って、天才? 」と勘違いさせてくれるような世界
を、アーティストのみなさんが創ってくださったことに心から感謝しています。
そして私は、アーティストのみなさんに「 私って(俺って)天才?」と
感じていただけるようなステージ環境を提供しなければ、と決意している
ところです。

11月・12月もお手伝いする公演はございますが、響和堂主催公演は来年
3月までございません。
2月下旬から3月初旬には、外務省からの依頼でサウジアラビア・クウェート
公演に和太鼓・壱太郎、尺八・岩田卓也とともに渡航します。
サウジアラビア国王主催のジャナドリア祭および、日本・クウェート国交
樹立50周年記念イベントにおける演奏として響和堂が招聘されることに
なり、大変名誉に思っております。
また、3月27日(日)には、8月に大好評を戴いたマスラオコンサートの
再演も決定しています。
どうぞ、今後とも響和堂の活動をご支援くださいませ。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2010-10-15 10:15 | Live | Trackback | Comments(0)