ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

津軽三味線のデュオ、木村俊介さんと小野越郎さん、そして和太鼓の内藤哲郎
さんのライブが六本木の音楽実験室・新世界でありました。
c0173978_16361231.jpg

この御三方とは、昨年6月に米国アカデミー賞公認短編映画祭「ショート
ショートフィルムフェスティバル2010」の授賞式でのライブコーディネート
を響和堂がさせていただきました時に、出演をお願いしたご縁があります。
その後、10月の「 和の煌めきVol.2 」でも木村俊介さん・小野越郎さんには
ご出演いただき、素晴らしいパフォーマンスを披露してくださいました。
とにかく、全幅の信頼を寄せているアーティストです。

木村さんとは、今年3月の壱太郎・出雲公演での客演以来ですが、もう、
本当に、圧倒的に、スゴイ!
「 三人十色 」のタイトルの如く、様々な音色とリズム、響きを堪能させて
もらいました。
またお仕事をお願いする機会を作りたいと思っています。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-06-30 23:23 | Live | Trackback | Comments(0)

" Know No Limit " Charity Concert 2011は、東日本大震災において被災
された脊髄損傷者、及び、新たに脊髄損傷を受傷された方々を支援するため
に開催されたコンサート。
一人でも多くの脊髄損傷者の社会復帰を支援するという、J-Workout 創業者
故・渡辺淳(2010年11月28日永眠)さんの想いを継ぐ有志の方々によって
企画されました。
c0173978_12545912.jpg

私の大好きなピアニスト・中村天平さんも発起人の一人です。

『 渡辺淳さんとの出会いは2010年のTEDxSeedsで登壇をされた時。
僕と同い年くらいの淳さんが、脊髄を損傷をしてしまった親友の為に、困っ
ている人達を助ける為に活動している事に大きく感動しました。
その登壇からわずか一週間ほどで淳さんが亡くなられた事を知った時には
とてもショックでした。 その時に感じたのは悲しみよりも先に「何かをした
い」でした。彼の側にいた人達こそもっとショックと悲しみで前へ進みだせ
ずにいる中で、周りにいる僕たちが彼等の為に何か出来ればと。 その時に淳
さんの事を表現した" Miracle is in the Method "という曲が生まれました。
そして今回のチャリティーコンサートによって、彼の残した夢、仲間達、
J-Workoutを少しでも手助けする事が出来れば嬉しく思います。
僕が淳さんに会ったのは登壇の時の一度きりだったけれど、彼から感じた友
を救おうという情熱、人を助けようとする温かさ、絶望の中であきらめない
精神は心を動かされるには充分でした。 今度は僕が情熱と感動を与える事が
出来ればと思っています。』
コンポーザー・ピアニスト TEMPEI

私は、この渡辺淳さんの事を知りませんでした。
『 1981年東京都出身。安田学園中学・高校を経て米サンディエゴ州立大学
留学。教育学部および運動学部を卒業し2005年、世界初の脊髄損傷回復専門
施設「プロジェクト・ウォーク」に入社。
外国人でとしてはじめて脊髄損傷回復スペシャリスト、姿勢矯正スペシャリス
トなどの資格を取得、日本に帰国。2007年日本唯一の脊髄損傷専門トレーニ
ング施設を運営する「J-Workout株式会社」を設立、代表取締役に就任。
2010年には障害者就労移行支援を目的とする子会社「株式会社Project Work」
を設立。移行支援にとどまらず具体的な就職先の斡旋、コンサルティングなど
も積極的に行っている。 』
脊髄損傷をされ、一生歩くことができないかもしれないと医師から宣告された
人も、効果的なリハビリによって、一人で立ち、歩き、走れるようになったと
いう事例をいくつも作り、この障害を持つ人の希望の光をともす灯台のような
役目をもっていた渡辺淳さん。なくてはならない大きなお役目を担っていた方
なのに、とてもお元気いらしたのに、昨年11月に、参加していたマラソン走行
中に突然倒れ、帰らぬ人となったそうです。29歳という若さで・・・。

『 多くの脊髄損傷者が社会に出て活躍できる日本を作ろうと夢を語り合っ
た渡辺淳。彼の亡き後、賛同して下さる方々と共に彼が拓きたかった脊髄損
傷者の未来を築いていくため、このイベントを開催させて頂く運びでした。
しかし、東日本大震災が発生し、多くの脊髄損傷者が被災され、そして、
残念ながら新たな脊髄損傷者が生まれてしまった事も否定できません。
そこで私たちは、もし渡辺淳が生きていればきっと彼らに手を差し伸べたに
違いないと考え、このイベントを成功させて震災障害者となった方々へ少し
でも支援を届けたいと思います。』
社団法人国際せきずい損傷リハビリテーション協会理事長 伊佐拓哲

会場となったホールは、ゆりかもめ線「船の科学館」駅近くにある、東京国際交
流館。車椅子の方もたくさんいらしてました。どうしてここのホールに?と思っ
たら車椅子の方がたくさん入ることのできるホールが都内にあまりないのだそう
です。
そういえば、通常のホールは車椅子席はあってもせいぜい4席位でしょうか。
本当にいろんなことを考えさせられるコンサートでした。

" Miracle is in the Method " 奇跡は法則の中に起こる。
天平さんの演奏はそれはそれは、美しく力強く、祈りに満ちていて、心に
響きました。
終演後、久しぶりに話をしました。すぐに2ヶ月間のヨーロッパツアーに出る
天平さんですが、壱太郎のカタール・クウェート公演で手伝ってもらった
エストニアのダイゴくんの協力で、8月に天平さんのコンサートが4公演、エスト
ニアでも行われることになっています。ご縁が繋がって嬉しい。

ちなみに、私の携帯電話のメロディコールは、天平クン演奏の「 一期一会 」と
いう曲です。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-06-29 23:30 | Live | Trackback | Comments(0)

6月28日(火)19:30〜恵比寿アートカフェフレンズ。
響和堂プロデュース「 ART HEART EARTH CONCERT Vol.2」はマリンバ・
SINSKEさんとヴァイオリン・白須今クンの初コラボレーションです。
たくさんのお客様のご来場、ありがとうございました。

マリンバとヴァイオリンのハーモニーを聴いたことのある方は少ないでしょう。
実際、お客様のほとんどが未体験ワールド。
いえ、プロデューサーの私自身もそうでした。
でも、確信していたのです。
SINSKEさんのマリンバの音色を聴いた時から、今クンのヴァイオリンの音色と
絶対に合うはずだと!
今クンのヴァイオリンを初めて聴いた時には、二十五絃箏・中井智弥クンと
絶対に合うはずと直観し、「マスラオコンサート」でそれを実現しました。
そして、今回もやはり直観通り。
SINSKE × 白須今、癒しとパワー、エレガントな色気と情熱を持つ、素晴らしい
ユニットが誕生しました。
c0173978_120142.jpg

c0173978_1201641.jpg

c0173978_1203121.jpg

二人の個性が、絶妙なボケ・ツッコミになって、楽しいMCに。
c0173978_1233684.jpg

c0173978_1221425.jpg

c0173978_1223127.jpg

c0173978_125121.jpg

c0173978_1241635.jpg

c0173978_1231241.jpg

SINSKEさんのオーラ、一音一音にのってくる音のパワーがものすごいの
です。何度も演奏を聴いている私も、あらためて圧倒されました。
それに触発された今クンの渾身の演奏に、いままで何度も今くんの
演奏を聴いているファンの方々から、口々に「今クンが別の人のよう…
いつも以上にパワーを感じました」と。
SINSKEさんのプロフェッショナルなスケール感を目の当たりにして、
今クンの世界が広がるのがはっきりとわかりました。
また、SINSKEさんのマリンバの音色には、ヴァイオリンなら何でも合う
というわけではなく、今クンの音色だからこそだということもはっきりと
わかりました。

Set List
(前半)Amazing Grace
    ふるさと
    風神雷神
    Smile
    ひまわり
    麒麟 

(後半) 朧月夜 
    荒城の月
     月夜浮遊
    おかげさん
    リベルタンゴ
    フェニックスの詩
c0173978_125451.jpg

アンコールでは、「シンスケくん!ピアノ弾いて〜。」という私のリクエストで
「 見上げてごらん 夜の星を」
思わず今クンが、MCで「ピアノを弾ける男性は…、ズルイです…!」と
言って会場から笑いも。
そして最後に、「 アヴェマリア 」

やっぱり、私って天才?!
と思わずにはいられない、素敵なコラボレーションの実現に、プロデューサー
冥利に尽きる喜びに満たされました。
c0173978_1463812.jpg

これからも、二人のハーモニーをお届けする機会を作っていきたいと思って
います。

仲村 映美


 
[PR]
by kyowado | 2011-06-28 23:55 | Live | Trackback | Comments(1)

てっこん@松陰神社前

三軒茶屋から初めて乗った東急世田谷線、初めて降りた「松陰神社前」駅。
お目当てのお店は「てっこん」。
c0173978_0393565.jpg

とにかく、酒の肴という言葉ではおさまりきれない、一品一品手の込んだ
美味しい料理。
特筆すべきは白飯!「どうやって炊いてるんですか?」と聞くと、
「普通に、炊飯器で…」とサラリ。特別なブレンドを施してあるお米だそう
ですが、水加減も絶妙でうなりました。
地元の常連さんでいつも満席、なかなか入れないそうですが、私もご近所
だったら毎日通っちゃいそうなくらい、素晴らしいお店でした。
日本酒も美味しくて、ヤバイです…。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-06-27 23:23 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

もうひとつプレゼントに頂いた素晴らしい言霊たち。
今日、6月26日に100歳の誕生日を迎えられた柴田トヨさんの詩集、
「くじけないで」です。
c0173978_0412850.jpg

   深夜 コタツに入って
   詩を書き始めた
     私 ほんとうは
   と 一行書いて
   涙があふれた

   何処かで
   こおろぎが鳴いている
   泣く人遊んであげない
   コロコロ鳴いている
   こおろぎコロスケ
   明日もおいでね
   明日は笑顔で
   待ってるよ

柴田トヨさんは、栃木県宇都宮市にひとり暮らしながら、少しずつ詩作
を続け、99歳にしてデビュー。
昨年大晦日放映のNHKのドキュメンタリー番組が大反響を呼んで、今や
100万部を突破し、韓国、台湾でも出版されて多くの人の心を励まして
います。

何度も涙しながら、読みました。
そして、そっと背中を押していただいたり、頭を撫でてもらったり、
ぎゅっと手を握ってくださったり…そんな感覚さえ憶える、素敵な詩集
です。心に響きました。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-06-26 23:23 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(2)

お誕生日に頂いた嬉しいプレゼントのひとつ。
c0173978_1247953.jpg

可愛い子猫満載の写真集だ。
単なる写真集にあらず。

The reason angels can fly is because they take themselves lightly.
天使は自分を軽く考えているから飛べる。

Stressed is desserts spelt backwards.
ストレスがたまる(stressed)を逆さまにすると、美味しいデザート
(desserts)となる。

なーんて、格言が書いてあったりする。
子猫ちゃんに言われても説得力なさそうだが、フムフムと納得する言葉満載。

Don't mistake motion for action.
動くことと、アクションを起こすことを間違えてはいけない。
・・・この写真集のカメラマン、レイチェル・ヘイルの言葉である。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-06-25 06:25 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(2)

団扇を買いました

スタッフ・浩子です。
昨日、美容院に竹骨と和紙で作られた昔風のうちわが置いてありました。
あおいでみると風がやわらかくて、ゆぅるい。しっとりとしてすずしい。
プラスチック骨のものとは、なぜだか全然ちがうんです。

そこで、帰り道、銀座の鳩居堂に寄りました。
c0173978_172047.jpg

青いグラデーション、おおらかな雰囲気に惹かれて、これにしました。
ちょっと大きめのサイズです。
これは、阿波和紙でつくられた団扇です。阿波和紙は、約1300年前
から継承される、独特の風合いを持つものです。同じく徳島の伝統
工芸である藍染をほどこし、江戸時代には江戸で藍染和紙がとても
人気があったそうです。
この夏が、すこしだけ涼しくなりますように。
[PR]
by kyowado | 2011-06-24 06:24 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)

c0173978_1338428.jpg

吉祥寺・前進座劇場にて上演の「 魔界転生 」千秋楽を観てきました。
ヘロQはヒーローからスネオ(新どらえもん)までこなす人気声優の関智一
さんの主宰する劇団。毎回人気声優さんの客演あり、公演チラシのイラスト
は山本タカトさんに手掛けてもらい(これってスゴイことです!!)、
1週間の公演は全席Sold Out。派手な殺陣に美しい照明、廻り舞台による
テンポのいい展開。本当に関クン、すごーーーい!
今回、関クンは柳生十兵衛、天草四郎にこれまた人気声優の浪川大輔クン、
宮本武蔵に中博史サン。やっぱり皆さん声がいいわ♪
殺陣が多いので、必然的に集中力とテンションも高くなります。
本当に演劇は面白い。とても楽しめました。。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-06-23 23:23 | Live | Trackback | Comments(0)

茨城から那須へ…

先般、茨城のローズガーデンに行った後、那須へ行きました。
土曜日というのに、レストランやショップの半分は休業・閉店状態。
原発事故の影響で客足が遠のいているそうです。
オーガニックカフェ&レストランの「 Ours Dining 」アワーズダイニングへ
行きました。「 Ours 」に「私達の」と「四国・阿波出身」を掛けているの
では?と思ったところ、予感的中!
c0173978_18264297.jpg

写真はコースの全てではありませんが、どのお皿もとても手が込んでいて、
愛情たっぷりで、お値段はリーズナブル、感激です。
内装インテリアもナチュラル志向にありがちな泥臭さがなく、センス良く
まとめられており、テラスにはヤギのあずきちゃんもいて、なんともゆったり
した素敵な時間の流れるレストランです。
作家ものの可愛いデミタスカップに一目惚れ、もう作陶していない女性作家さん
のものだということで即買い。
c0173978_12585542.jpg

震災後の来店客数の落ち込みは、少し戻ってきたものの、やはり先行きは不安。
安心安全な野菜を注意して仕入れて頑張っているそうです。
とても感じの良い若いご夫婦が二人で経営しているお店。また訪れたいと思って
います。
「 SHOZO CAFE 」で焼き菓子を買った時に、駐車場でミニ盆栽を販売している
オジサンがいました。小さな鉢植えですが、オジサンが2〜3年以上かけて育て
て形を整えてきたものばかりだそう。
なんともいい風情だったので、おうちに連れて帰ることに。
c0173978_1342277.jpg

「 ツツジ 」
c0173978_1344554.jpg

「 ソロ 」の木。
c0173978_1353757.jpg

「 ウス 」の木。ソロやウスなどの盆栽はめずらしいそうです。
どれも瑞々しい生命力に満ちていました。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-06-22 22:22 | ちょっとお出掛け | Trackback | Comments(0)

白須今クンBirthday Party

「ボクの誕生日パーティをやっていただけることになりまして…」とヴァイ
オリン奏者・白須今クンより電話。
六本木の某ライブレストランへ。
c0173978_1243862.jpg

イケメンの友人たち。( 注:あくまで本人の恋愛対象は女性です!)
広告代理店勤務、獣医さん、文化服装学院講師、そして尺八・中村仁樹クン。
その他、高校・大学時代の友人などごく親しい人が集まってお祝い。
「今クンさぁ、アナタの誕生日(6月21日)の前に、私の誕生日(6月19日)
なんだけどな〜っ。」というと、
「あーーーーーっ、弾きます!! 映美さんに Happy Birthday!!!!!!」と。
c0173978_1292519.jpg

響和堂が、初めて今くんの参加するユニット「 Shikinami 」のコンサートを
プロデュースしたのは、奇しくも6月21日、昨年の今くん25歳の誕生日当日
でした。今ではすっかり私も「 東京のお母さん 」。
あのすみだトリフォニーの公演から丁度一年。もう、何年も前の出来事のよ
うな気がします。

今クンに話かけたきっかけは、二十五絃箏・中井智弥クンとのコラボが
直感的にひらめいたからでしたが、来週火曜日、28日にはまた新しいコラボ
のひらめき、マリンバ・SINSKEさんとの共演です。
マリンバとヴァイオリンとの新しいハーモニーにご期待ください!

仲村映美
[PR]
by kyowado | 2011-06-21 21:21 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)