ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

すっごーーーーい、酔っ払い。
おやすみなさい。
[PR]
by kyowado | 2011-07-31 23:55 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(2)

7月30日(土)座・高円寺にて17時開演の坂本長利ひとり芝居「土佐源氏」、
満員のお客様をお迎えして、無事終了いたしました。
当日は、衛星放送の劇場中継テレビカメラも数台入り、これまでとは違う
雰囲気の楽屋。いい緊張感の中で、貴重な体験をさせていただきました。
皆様のご声援ありがとうございました。
やむなくお越しいただけないファンの方からは、電報やお花も頂戴し、心より
御礼申しあげます。
c0173978_1251342.jpg

アンケートにご記入いただきました中から、初めてご覧になった方々のご感想
を抜粋してご紹介させていただきます。

小学生の男の子からの感想には、坂本さんもとても喜んでおられました。
「初めて拝見させていただきました。このおじいさんと自分では、なにか
似ているようなかんじが自分の中でしました。また坂本長利さんには、まだ
まだつづけられるといいなと思いました。とても心があたたまりました。」

「坂本さんの演技の素晴らしさに圧倒されました。一人の人生を語ることの姿、
今の自分に重なるものがたくさんあり、重く、熱く、受け止めました。
40年以上続けてこられたことに、心から尊敬を申しあげます。
本日は、本当にありがとうございました。」

「私の親のお年で、声の力強さや身のこなしにびっくりいたしました。
そして長年続けられていると聞き、またびっくり。
私も自分に出来ることを少し頑張ろうと思いました。土佐源氏は初めてでし
たが、少しいろっぽくて面白かったです。」

「原作を読んだことがあり、ストーリーは知っていましたが、坂本さんの
舞台を拝見して、何度も涙をふいてしまいました。今後も楽しみにして
おります。」

「観音のお姿でした。喝采の掌が、祈りに変わりました。本当にありがとう
ございました。」

「あまりに衝撃を受けすぎて、言葉がみつかりません。」

「坂本さん、命の限り、一人芝居を演り続けてください。貴方の表現が
実像となって、観るものの心の中に生き続けます。頑張ってください。」

「若い頃「土佐源氏」を読んで以来、その読後の深い印象が残っていました。
是非舞台でみたいと期待してきました。大変素晴らしい芸と志をみせて
いただきました。」

「我々もまだまだこれからだと勇気をもらえました。続けられるだけ続けて
頂きたいと思います。」

「体調をこわした息子の代わりに拝見させていただきました。
失礼ながら今回の公演についてはなんの知識もなく、ただ、宮本常一氏に
傾倒しているということで足を運びましたが、このようなお芝居に出会えた
めぐりあわせに感謝いたします。坂本様の年輪を感じさせながら、逆に
年齢を感じさせない緊張感ある演技に感動いたしました。またこのような
形で宮本氏の著作にふれることで、文字からではない世界をより身近に
感じとることができました。
これからも少しでも多くの人がお芝居をみられますよう、お身体に気をつけ
てお続けくださいますよう、お願い申し上げます。ありがとうございました。」

この他、たくさんのメッセージを頂戴いたしました。
北は新潟市、南は高松市からいらしてくださったお客様の、是非当地で!という
声もありがたく、胸が熱くなりました。
お呼びいただければどこでも「出前芝居」いたします。

来年の響和堂プロデュース公演では、座・高円寺において「土佐源氏」と
「越前竹人形」の二本立て公演を予定しております。
「越前竹人形」は作家・水上勉氏が坂本さんの為に、語りの脚本を書いてくださっ
たものです。
今後の公演スケジュールも随時、響和堂ホームページにおいてご案内して参り
ますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-07-30 23:45 | Live | Trackback | Comments(0)

響和堂プロデュース公演「土佐源氏」もいよいよ本番です。
ごくわずかですが、当日券が数枚発売できます。(前売りと同額の¥4,000です。)
お申し込みの方は、Tel.080-4200-0808まで、お電話くださいませ。

劇場中継のテレビカメラも入りますので、滞りなく幕が開きますよう、無事終演と
なりますよう、祈るばかりです。
ドキドキしますが、それ以上に、皆様に素晴らしい坂本さんの舞台をお届けできる
喜びにワクワクしています。
どうぞ、お楽しみくださいませ。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-07-29 23:55 | Information | Trackback | Comments(0)

観葉植物

部屋の大きさの割に、たくさんの観葉植物を置いています。
本当は森の中に住んでいるのか?というくらい置きたいのですが(笑)、
日当たりの悪いところに無理やり置くのも可哀想ですし、窓際中心に
しかも空調機の風の当たらないところにというと、結構配置に苦労します。
いろいろな観葉植物を試しましたが、経験上我が家で一番強いのは「ポト
ス」と「幸福の木」だなぁと思います。

緑は室内の「気」を浄化してくれるような気がします。
そして外から入り込む邪気をブロックして守ってくれるような気がします。
温かくなって、どんどん新しい葉が出てくると、こちらの身体まで生き
生きとしたエネルギーが流れてくるような気もします。
c0173978_1581950.jpg

c0173978_1583588.jpg

「幸福の木」もあちこちから、にょきにょきと新しい芽が。
c0173978_1592826.jpg

那須で買ったミニ盆栽の「ウスノキ」も、二つ目の実が赤く染まりました。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-07-28 23:45 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)

私は、マラウイに住む11歳の女の子、フェレシちゃんの生活支援をしている。
今年もフェレシちゃんの近況報告が届いた。添えられている写真から、
背が伸びて、女の子らしくなってきたなぁと思う。緊張からかこれまで
あまり笑っている写真がなかったが、今年はいい笑顔で嬉しい。
c0173978_1124854.jpg

フェレシちゃんは、響和堂の設立日、8月8日が誕生日だ。もちろん支援団体の
国際NGO・ワールドビジョンジャパンが無作為に、支援国とチャイルドを
選ぶので、偶然ではあるが、何かご縁を感じずにはいられない。

今年も間もなく、フェレシちゃんの誕生日。
こちらから大きなプレゼントを贈ることは出来ないが、バースデーカードとその
定型内封筒に入るものなら郵送してもいいことになっている。定型サイズなので
薄いものしか入れられないから、私は毎年イラストのたくさん入ったミニサイズ
のノートとステッカーを送っている。
今年も用意した。
c0173978_11102720.jpg

大変貧しく誕生日プレゼントをもらう習慣のない国なので、年に一度のこの
小さなプレゼントを彼女はとても楽しみにしているらしく、昨年クリスマス
カードがマラウイの事務局から送られてきた時には、「フェレシは、あなたから
送られた美しいノートで、友達の間で評判になり、嬉しかったと言っています。」
とメッセージが添えられていた。
スポンサーになって一番最初に送った時には、「フェレシは、こんなに綺麗な
ノートは見たことがないと言っています。」と書いてあり、思わず涙ぐんだの
を憶えている。そして、彼女をがっかりさせないように、毎年必ず送ることに
したのだ。
これから先、政治的な動きや震災などを含め、お互いに何があるかわからない
が、フェレシちゃんと私を繋ぐ光の糸が切れることがないよう、心から願って
いる。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-07-27 23:55 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(1)

美しい81歳、坂本長利

いよいよ、今週土曜日30日に上演する坂本長利ひとり芝居「土佐源氏」。
当日は松竹系衛星放送「衛星劇場」にてノーカット放送するためのビデオ
収録をすることになっている。
その番組では、坂本さんのドキュメンタリー映像もプラスした構成となる
ため、昨日そのロケが行われた。
c0173978_1434792.jpg

ロケ地は、現在坂本さんがお住まいの栃木県佐野市。ご自宅でのインタビュー
と、いつもの散歩コース、そして行きつけの和食屋さんの三カ所で撮影。
c0173978_1335223.jpg

散歩風景の撮影。とにかく歩くスピードがめちゃくちゃに速い。
黒いGパンに、黄色のポロシャツ、こんなに颯爽と歩く81歳が、胃癌の手術
をされてまだ半年も経たないと誰が思うだろうか。
手にしているのは「つえ」ではない。木刀だ。
c0173978_13384027.jpg

上半身も鍛える為に、素振りをする。美しい眼差し。
c0173978_1340645.jpg

瞳の奥の鋭さ。
c0173978_13434272.jpg

c0173978_13444299.jpg

ここは佐野駅にほど近い割烹「三岩」。佐野市で一番の人口密度ではと
思うくらい、連日地元客で賑わう繁盛店だ。
ここのオーナー福地さんご夫妻には、大変お世話になっていて、坂本さんの
元気の素である食事はいつもここで。
胃を半分切除してまだわずかな量しか食べられない坂本さんの体調を気遣っ
て、あれやこれやとお世話してくださる。本当にありがたい。
とても赤の他人のできることではないと御礼を申しあげると、
「坂本さんの為にやってるんじゃないんですよ。自分の為に勝手にやらせ
ていただいているだけですから。楽しませていただいてるんです。」と
にっこり仰る。
c0173978_1355166.jpg

c0173978_13552266.jpg

私もそうだ。
みなこの美しい81歳、類い希な役者・坂本長利を愛し、その人生の舞台に
チョイ役でも出演したいと思っているのだ。
c0173978_1415220.jpg

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-07-26 14:00 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)

渋谷東急ハンズにほど近い、渋谷BEAM7Fにこんなライブスペースがあったとは。
c0173978_1314526.jpg

ガラス張りのドーム天井、J-POP Cafeである。
「映美ちゃん、私のオススメのイケメン舞台俳優なの!歌も上手いからライブに
行ってみて!」と友人がチケットをプレゼントしてくれた。
根本正勝クンと中村誠治郎クンのユニット「 ASH 」のアコースティックライブ。
c0173978_138045.jpg

根本正勝クン。
c0173978_1392726.jpg

中村誠治郎クン。
俳優&歌手をやっているアーティストのライブに出掛けるのは、15年位前に
行った福山雅治サン以来かな。ファンでもないのにちょっと気恥ずかしい気も
したが、チケットプレゼントのご厚意に甘えて行くことにした。
客席はもちろん、女子オンリー。浴衣姿もちらほら。みんな目がハートである。

いや、めちゃいけてる・・・。
顔も声も歌もMCも、いいじゃーんっ。
日頃、楽器演奏家と関わることが多いのでMCの未熟さに慣れてしまっている感
があったが、彼等はとてもMCが上手いし、さすが舞台やっているだけあって
滑舌もよく、テンポのいい掛け合いには感心した。
特に根本クンは、和物の舞台が得意らしい。福島から上京して、コツコツと努力
を重ね、舞台中心に活動している32歳だ。(もっと若く見えるけど、MCは
とてもしっかり落ち着いている。)
一見チャラそうな誠治郎クンは、ギターも上手く、ルービックキューブが得意
という福岡出身の31歳。

いやー、なんだか、思いがけず二人の若さ明るさ美しさに、癒されたなぁ。
友人が奨めてくれたわけがわかった。ありがとう!
今度は芝居も観てみたいと思った。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-07-25 23:55 | Live | Trackback | Comments(0)

セミとクレーン

スタッフ・浩子です。
夕方散歩をしていると、初・セミの抜け殻クンを見つけました。
c0173978_22404975.jpg

とあるお宅の玄関先。その下は舗装されているので、2メートル離れた
街路樹の土からもぞもぞ出てきて、真夜中にここまで歩いてきて、よじ
登ったんですね?写真を撮っていたら、散歩している人がみんな覗き
こんで「あら~、お初だわ~!」と声かけて行きました。
今年は6月から真夏のように暑かったけれど、セミはまだ鳴いていま
せんでした。
自然のいとなみは暦どおりなんでしょうか。不思議です。
c0173978_22405921.jpg

スカイツリー、ご近所のどこからでもよく見えます。
ああ!!! まだチビ・クレーン、残ってたのね…。
c0173978_224177.jpg

どんどんクレーンを小さくしていって、最後は解体してエレベーターで
下ろすそうです。あとすこし、ガンバレ~!!
[PR]
by kyowado | 2011-07-24 23:24 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)

c0173978_22241230.jpg

世界17カ国、400都市、観客動員数400万人、驚異のドラムアートパフォー
マンス「 TAO(タオ)」。ようやく観る機会ができた。
7月21日、赤坂BLITZにて。
本公演のコンセプト「TAOが日本の元気になる!」という言葉に、彼等の決意
が感じられ、胸が熱くなる。

とにかく、凄い。かっこいい。楽しい。
客席からは何度もドッと笑い声が沸き立ち、美しさに息をのみ、迫力のパフォー
マンスに割れんばかりの拍手。
和太鼓の演奏を、質の高いアートパフォーマンスとして実に見事にまとめ上
げている。
1人1人のアーティストが、和太鼓のみならず、演技・ダンス・笛・箏・津軽
三味線など様々な表現において鍛錬を積み、世界にそのレベルの高さを示すこと
に成功し、絶賛されている。
ホームページのトップに、短いがプロモーション映像がある。
皆様も機会があれば是非!!
TAO公式サイト

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-07-23 22:22 | Live | Trackback | Comments(0)

すっきり!スカイツリー

スタッフ・浩子です。
7月と思えないくらい風が涼しく、気持ちがよいです。
一昨日~昨日と吹き荒れた強風のあと、ふと見上げると、スカイツリー
のクレーンがなくなっていました。クレーン解体作業が終わったのですね。
ずっとクレーン付きで見ていたので、なんとなく物足りないような・・・笑

明後日24日に、アナログテレビ放送が終了し地上デジタル放送に移行
されますが(東北3県を除いて)、スカイツリーが放送開始をするのは
2013年のことだそうです。

c0173978_17532261.jpg
夏休みが始まって、親子連れの観光客が増えそうですね。
帽子と日傘、お水を持ってお出かけください~(^-^)
[PR]
by kyowado | 2011-07-22 20:22 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)