ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

定位置?

スタッフ・浩子です。
昔の写真を整理していたら、いつ撮ったんだっけ?という写真が結構あります。
それぞれお気に入りの場所があるんですねえ。
↓ 確か両国、町工場がたくさんある界隈のねこちゃん。
c0173978_20464013.jpg
↓ 駒込、花教室前にうろうろしていた時見かけてパチリ。
c0173978_20464755.jpg
↓ ご近所かな?フラッシュが点いてしまってゴメンネ…。 「まぶしいんだにゃ!」
c0173978_20465481.jpg
↓ これもご近所、じっと見てても絶対動かなかったにゃんこ。
c0173978_2047110.jpg
↓ 三鷹、ぬいぐるみかと思った!!鉄火丼が寄ってますよ…
c0173978_2047892.jpg

[PR]
by kyowado | 2011-08-24 00:24 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)

スタッフ・浩子です。
電車で10分、浅草によく遊びに行きます。
浅草グルメといえば、天ぷら、うなぎ、蕎麦、寿司、釜めし、洋食、ロシア料理、
もんじゃ、今半(いきなり店名ですが…あはは)、などなどが浮かびますけれど、
美味しい タイ・ベトナム料理のレストランがあります。
エスニックは浅草に似合わない?そんなことありません!!
味は本格的。そしてリーズナブル。浅草寺の近くですが、観光客相手というより
も地元に愛されているお店だと感じます。
☆「クロープクルア」
中でもお気に入りは、グリーンカレー、辛いけれどとってもクリーミー。
でも辛い。辛いの苦手。でも食べたい。という困りもののカレーです。(私にとって)
c0173978_2228565.jpg

刺激がほしくなったらグリーンカレー、おすすめです…♪
[PR]
by kyowado | 2011-08-23 23:23 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

スタッフ・浩子です。
横浜市のセンター北駅近に住んでいる岩国で中学~高校が一緒だった
友人に会いに行きました。
彼女のオススメは、「広東料理 天啓」の夏季限定メニュー「海鮮涼麺」。
化学調味料は使わず、素材の持ち味を最大限に生かした料理、特に
海鮮料理を得意としている…というお店です。
たれは二種類、黒胡麻味としょうゆ味のうち、私は黒胡麻味をチョイス。
c0173978_21503471.jpg

野菜たっぷり、新鮮!ぷりぷりのホタテ、えび、イカ、くらげ、カニ…見た目
のボリュームにまず圧倒されますが、胡麻風味のたれがちょうどよく、麺と
絡んであっさりいただけます。毎年6月~9月半ばまでの限定メニュー、
まだ間に合いますよ!冷やし中華好きな方はぜひぜひどうぞ(^-^)

同じくセンター北駅近くのカフェ「レジオン」でお茶を。
こちらも食品添加物は一切使用せず、出来るだけ無(低)農薬の日本素材で、
安全と美味しさを追求している、フランス菓子とパンのお店です。
食べ歩きとたわいのないおしゃべり、友とゆる~い時間を過ごすのっていい
ですね。 たまには・・・ 時々・・・   いや結構行ってるか・・・
c0173978_21504787.jpg

[PR]
by kyowado | 2011-08-22 22:22 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

スタッフ・浩子です。
暑くて食欲が今ひとつ?ということは絶対ありませんが(^-^;)友人達と
体スッキリとする美味しいものを食べにいこうと、銀座のベトナム風料理
「ベジー」に行ってきました。
オーナーシェフの大熊美佐子さんは、「自分の好きなことをやりたい」…
その強い思いから以前からの夢だったお店 "Veggie" を2006年4月
にオープンされました。
60歳でベトナム料理教室に通い、61歳で野菜ソムリエの資格を取得、
お店を始めて、テレビ・雑誌で取り上げられるなど評判に。(☆ホームページより)
c0173978_0473544.jpg

「やさいたっぷりのコース」~生春巻き
c0173978_0474264.jpg
季節のスープ
c0173978_0475094.jpg
新鮮野菜のサラダ
c0173978_0475522.jpg
ゴーヤの肉詰めの煮もの
c0173978_048144.jpg
野菜いろいろ天ぷらと煮もの
c0173978_048776.jpg
トマトの肉詰め
c0173978_0481243.jpg
葉っぱごはん
c0173978_0484650.jpg
デザート・・・白玉とタピオカココナッツ
c0173978_048526.jpg

野菜をたっぷり食べたくなったら、ぜったいオススメします。
野菜が美味しいことは言うまでもなく、ベトナム風料理なので、スパイシーな
ものだけでなく和風の味付けもあり、ひとつひとつ丁寧に、やさしく調理されて
いて、お腹も心も満たされました。 ごちそうさまでした。。。
[PR]
by kyowado | 2011-08-21 21:21 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)

「映美ちゃん、20日に須賀川の花火大会があるんだけど、来ない?」
高校の同級生で、現在福島市に住むKクンから連絡があった。
須賀川は福島県の中央あたりに位置する市で、今年33回目を迎える花火大会が行われ、
一万発の花火が夜空を彩るという。
今、深刻な放射能問題を抱えている福島に住み、日々ストレスを感じながら生活
している人達にとって、この花火大会は大きな楽しみとなることだろう。
大会のテーマは「次代を担う子供たちに夢や希望、感動を与え、地域の活性化を図る
とともに、去る3月11日に発生した東日本大震災への追悼と復興祈願、元気な須賀川
を県内外に広くアピールします。」とある。

丁度、私達と同じ高校の同級生であるNクン(東京の某大手広告代理店勤務)も
「ふくしまに、あしたの種を。ふくしまシード」というボランティア団体の代表を
務める関係で、須賀川市を中心にした活動をしていることもあり、花火大会で合流する
ことになった。
c0173978_10241.jpg

東北新幹線に乗ったのは初めて。1時間ちょっとで新白河駅に着いた。

友人が手配してくれた温泉宿で、まずは汗を流してから、ビールで乾杯。
一息ついて、近くの矢吹駅からJR在来線で須賀川駅へ。
さすがに会場は多くの見物客でごった返していたが、とても見やすい場所に座席を
用意していただくことができたので、ラッキーだった。
とにかく、すごい迫力。すごい美しさ。
あいにく小雨交じりの天候だったが、多少濡れるのはなんのその、大いに堪能した。
c0173978_1342033.jpg

c0173978_1352432.jpg

c0173978_1354939.jpg

c0173978_136982.jpg

c0173978_1363999.jpg

c0173978_1365847.jpg

c0173978_137137.jpg

c0173978_1381584.jpg

c0173978_1373668.jpg

c0173978_149496.jpg

c0173978_1491777.jpg

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-08-20 23:45 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(4)

東へ西へ

8月20〜21日は福島・須賀川の花火大会へ。

8月22日のマリンバ・シンスケ君のバースデーライブが終わってから、その足
で今度は西へ、伊勢・熊野・広島を巡るクルマひとり旅に出ます。

三重県・瀧原宮〜花の窟〜丹倉(あかくら)神社〜神内神社〜
和歌山県・熊野速玉大社〜熊野那智大社〜熊野本宮大社〜
奈良県・玉置神社を2泊3日で廻ってから、故郷・広島へ。
広島で3日過ごしてから、再び三重県・伊勢に寄ってから30日に東京に戻る
予定です。

別にパワースポットめぐりをやろうと思っているわけではありませんし、
なにかの目覚めを求めているわけでもありません。
何か強い気持ちにひっぱられて行くということでもなく、丁度2008年に北カリ
フォルニアのシャスタ山に一人旅した時のように、何をしに行くのかよくわから
ないけど、とりあえず、行ってみようという不思議な感覚でいます。

ただ、今いろいろ考えていること、自分のこれからやりたいことが次の段階に
入ってきていて、それは、今までのようにとにかく一気に導かれてきた流れとは
違ってきているので、伊勢から熊野をたどりながら、心を落ち着けて、今一度
自分の志をしっかりと立ててこようと思っています。

ここまで長距離のクルマ旅は初めてなので、わくわくします。
ま、気軽な一人旅、のんびりと楽しんでこようと思います。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-08-19 08:19 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(2)

響和堂が活動支援をしている81歳の名優・坂本長利さんのひとり芝居「土佐源氏」。
先般7月30日に、座・高円寺2にて第1,143回目の公演を行いましたが、「DVDは
販売していないのか?」というお問い合わせをよくいただきます。
DVDに関しましては、響和堂が記録用とし制作(昨年9月15日座・高円寺公演分)して
おりますが、販売品はございません。

音声のみのCDは、2009年にオフィス・キツネさんが制作されて販売されているもの
がございましたので、先方に問い合わせしましたところ、響和堂にて委託販売をする
ことになりました。
c0173978_20235068.jpg

ライブ音源に、ボーナストラックとして挿入歌を加えたもので、¥3,150+送料と
なります。
お問い合わせ・お申込は  info@kyowado.jp にメールを頂ければ、お支払い方法等
詳細をご案内申しあげます。

挿入歌というのは、劇中で爺さんがラストに唄う
「 惚れて 通えばよ  千里も一里 ・・・・ 」の歌詞を、このCDのために
3番まで坂本さんが作詞し、ギター・中村ヨシミツさん、パーカッション・わきたに
じゅんじさん、尺八・吉岡龍見さんによる伴奏で、スタジオ録音したものです。

ご興味のある方は是非、お求めくださいませ。

仲村 映美
[PR]
by kyowado | 2011-08-18 08:18 | Information | Trackback | Comments(0)

スタッフ・浩子です。
287段の石段を上がりきると、左手に赤く塗られた美しい五重塔、正面に
本堂があります。
c0173978_0421671.jpg
五重塔は、2009年に、明治8年焼失してから134年ぶりに建立された
宝塔で、木材は全て国産を使用し、設計から工法にいたるまで400年前
に建てられた元和の塔を復元・再建したものだそうです。
とにかく!広くて、空が抜けていて、気持ちのよいところです。
本堂に上がらせていただきお詣りをして、しばし休憩。大きな天井いっぱい
に墨と金箔で描かれた大きな龍の絵があり、あまりの美しさに目を奪われ
ました。(加山又造作「黒龍」)
c0173978_095322.jpg
境内の樹齢400年のしだれ桜、春はたくさんの人が観に訪れるとか。
c0173978_0124352.jpg

そこから更にロープウェイに乗って、山頂へ。
身延山は標高1,153m、「奥ノ院思親閣」はその山頂にあります。
思親閣とは名前のとおり「親を思う御堂」ということであり、日蓮大聖人
は常にこまで登って、両親をはじめ師匠の追善供養を祈られたそうです。
石段の途中には、両親のために手植えした杉の木(樹齢700年以上)が
あります。
c0173978_0165661.jpg

若いお坊さん達が「南妙法蓮華経・・・」と唱えながら歩いていました。
身延山には身延山大学・高等学校があり、その生徒達でしょうか。
その後も風に乗って山の方々からお経が聞こえてきました。
c0173978_01759.jpg

前日、富士宮でも雲に隠れて富士山は見えなくて残念でしたが、
この日ももやがかかって富士山は見えず、諦めていたところ・・
下りのロープウェイから見えました!かすかに!!
c0173978_0234361.jpg
見えたのは一瞬ですぐに消えてしまいましたが、嬉しかった~(^-^)
ありがとうございます!!!
そしてそして、下山する時がきました。
c0173978_0243578.jpg
こわいーっこわいーっと叫びながら自分の足で下りましたとも。

体力気力がないので近場で一泊、のはずが、どこでどうなったのか?
メリハリのある、夏の旅でした。
[PR]
by kyowado | 2011-08-17 20:17 | ちょっとお出掛け | Trackback | Comments(0)

夏休みの旅~身延山

スタッフ・浩子です。
二日目は身延山へ。身延山久遠寺は日蓮宗総本山です。
今から750年前 日蓮大聖人が晩年を過ごし、遺骨が納められているそうです。
c0173978_23293019.jpg
本堂へと続く入口、立派な「三門」をくぐります。
c0173978_2319584.jpg
三門の中に、なんと「向嶋講」と書かれた大提灯。
向嶋とは、私の住む地域、向島ではありませんか!
いつ頃奉納されたものでしょうか。料亭名や個人の名前が書かれていました。
c0173978_23243390.jpg
さて、いよいよです。
杉木立を歩いていくと、「菩提梯」と呼ばれる287段、高さ107mの石段が
見えてきました。菩提=覚り、梯=かけはし ということだそうです。 うーむ。。。
c0173978_2326775.jpg
駐車場のほうから斜行エレベーターで上がることもできるとかで、
最初はもちろんそのつもりで・・しかし、なんと80歳くらいのお婆さまが
「自分で登らないとご利益がないそうだから~」と言って、石段を上り
始めたのです。それならば私も・・・と思ってしまったのですよね。
c0173978_23261693.jpg
とにかく一段が高くて急こう配。写真では伝わらないかもしれませんが、
体感角度は45度以上!!手すりを持ってつまづかぬように踏み外さ
ないように上がります。
c0173978_23353832.jpg
お婆さまは、ほどなく諦めて横道にそれて上り坂のほうに行ってしまい
ました。無理もありません(T_T)
ああ、私は最後までがんばるぞ!と叱咤しながら、というよりも、もう
途中まで上がると、今度は降りるのが怖くて、進むしかなくなるのです。
(途中、見下ろした景色・・思い出しても足がすくむ~)
c0173978_021389.jpg

私がふうふうと這うように上がる横を、高校生くらいの男子たちが、
リズミカルにトットットッと下りていきました。部活のトレーニングでもして
いるのでしょうか。小さな男の子も走って二往復していました。子供は
体が軽いから平気なのに違いない。この立派な体(体重)がうらめしい。
そして、やっとの思いで着きました・・・本堂と五重塔です。
c0173978_2341519.jpg

続く・・・

※自分の足で上がっても、斜行エレベーターを使っても、ご利益は同じです。
[PR]
by kyowado | 2011-08-16 20:16 | ちょっとお出掛け | Trackback | Comments(0)

夏休みの旅~船山温泉

スタッフ・浩子です。
子供の頃から夏が苦手です(^-^;)
暑さ本番、遠出をする体力気力がないので?、近場で温泉一泊の旅に
出かけました。
車で全国を飛び回る映美先輩とは対照的に、私は筋金入りのペーパー
ドライバーでして、今回は高速バスを利用して富士宮へ。
これがいけませんでした。11日も混むとは思っていたけれど、まあ
少し遅れるくらいだろう、なんて。
事故渋滞も重なって、10時に八重洲を出たバスは2時間20分で着く
はずが、到着したのは17時前。
テレビで見る渋滞の現場をリアル体験し、己の浅はかさに笑うしかなく。
宿に電話して遅れる旨を伝え、急いで富士山本宮浅間大社にお詣りを。
夕方は地元の人がちらほらといるだけで、境内はすずしい風が吹いて
いました。
c0173978_21462138.jpg

富士宮駅から、3両編成の身延線(みのぶせん)に乗って移動。
富士川沿いを走る単線にゴトゴト揺られて40分、内船駅に到着。
山梨県の南部にある「船山温泉」は一軒宿の小さな温泉旅館です。
☆船山温泉HP
チェックイン13時~チェックアウト11時、最長で22時間過ごすこと
ができます。ホームページにも 「くれぐれも当館ご利用の際には、
慌しいご予定の旅行はお止め下さいませ。」 と書かれています。
のんびり命の洗濯をするのにはもってこいです。
・・・って、大遅刻したことが本当にもったいない!!

こちらのお宿は、ロビーや廊下、風呂の脱衣所にいたるまで畳敷きで
裸足で歩くととても気持ちがよいんですよ。
(ロビーと庭の風景)
c0173978_2249534.jpg
細かいところまで行き届いていて、風呂場にはバスタオル、フェイス
タオルがたくさん用意され、着替え用の浴衣まで用意されていました。
お客様からの要望をひとつひとつ丁寧に対処、改善しているそうです。
夕食は、岩魚のお造り、塩焼き、ぼたん鍋、甲州ワインビーフ、鮎の
釜めし、山菜や地元野菜などなど、川と山の幸をふんだんに使った
お料理ばかり。
c0173978_227278.jpg
c0173978_21465747.jpg

露天風呂は青々とした紅葉に囲まれて、目の前は白い水しぶき。
水の音とセミの鳴き声の中で滝のような景観を眺めながら・・・
見上げる空は青く・・・ あー、気持ちよかったー。。。
12室の小さな宿ですから、数回お風呂入りましたがいつも貸切
状態で、なんとも贅沢でした。
c0173978_2147731.jpg

11時前にチェックアウトして、車で内船駅まで送ってもらいました。
再び身延線に乗って、身延山へと向かいます・・・
[PR]
by kyowado | 2011-08-15 20:15 | ちょっとお出掛け | Trackback | Comments(0)