人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

か が み

古来から、祭祀において鏡が大きな役割を担ってきたことは、日本のみならず
世界各地にみられるものである。
真実を映し出すものとして、神の世と現象の世の境界に存在するものとして。
シャーマン(巫女)は、神に降臨していただくための媒体として鏡を用い、
シャーマンの肉体を通じて、ご神託が下る。そして、神は再び鏡を通って神界
に戻るのだとも信じられてきた。

日本においては、神社の御神体として神殿に祀られている。
「古事記」や「日本書紀」の記述には、天照大御神(あまてらすおおみかみ)
が、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に鏡(三種の神器のひとつ、八咫鏡=やたの
かがみ)を託し、「これらの鏡を私の御魂として、私を拝するように常に奉り
なさい。」という神勅を下されたとある。これが、神社に神鏡を祀る起源であ
ろう。

「此れの鏡はもはら我が御魂として」
「此の宝鏡を視まさむこと、まさに吾を視るがごとくすべし」
鏡を見れば、自分の姿が見える。
自分の姿のその奥にある、魂の根源にある神を視るためにある鏡。
日本書紀の記述に“ 視る ” という字が使ってあるのは、示偏(しめすへん)
の “ 神 ”そして“ 祈る ” で、“ 神に祈りながら見る ”ということであろ
うか。 “ 心の眼を開いて視よ ”と。

さて、鏡の語源はカゲミ(影見)、あるいはカカメ(カカとは蛇の古語。つま
り蛇の目)であると言われているそうだ。
以前、「鏡( か が み )に映る自分から “ が ”(自我・我欲)が無くなった
ら“ か み ” になる」と書かれたものを読んだことがあった。
その時は、なるほど!と思いつつも、ストイックに自我滅却の道を歩む気持
ちの無い私には、なんとなくピンとこなかった。
清く美しく生きるために精進することは素晴らしいと思っているし、宗教的な
戒律を守ることや、修行を積むことが無意味だとは思っていないが。
肉体(煩悩・自我)を持ってこの世に存在しているということは、それを滅却
することが目的ではなく、それといかに向き合い、そこから何を学んでいくか
が、生きるテーマであると思っているからである。

そして、つい最近のことだが、私は、ふと気がついたのだ。
鏡( か が み )は “ か み ” の中に “ が・我=われ ” ありなのだ。
我は神と共にある。鏡を視ること、鏡の前で手を合わせることで、いつも自分
は神さまと一緒であると教えてくれているのだ。
“ が ” を取ったら “ か み ” になるのではなく、いつも神の中にあるのだ。
そう思うほうが、ずっとハッピーではないか。
自我をなくして、ようやく神さまに会えるのではなく、いつも一緒にいて
くださるのだ。いつも見守ってくださっているのだ。
鏡に映る自分に、神を視る。宇宙を視る。
そうして高い意識をもつと、低次な我欲は、自然と薄れていくのではないだ
ろうか。

「まさに吾を視るがごとくすべし」

by Emi Nakamura
by kyowado | 2009-01-14 01:14 | あれこれ…想う