ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

水天宮例大祭の宵宮

5月4日。
都内の病院に、入院中の友人のお見舞いに行く。
爽やかな晴天だ。病院に行く道すがら、彼女の体調がよければ水天宮へ
お参りに行こうと思い立った。

病室に着くと、急な提案にも関わらず「 行く!行きたい! 」 という返事。
「 今日はちょっと疲れてるけど、ベッドにいるより外に出たい。水天宮には
前から行ってみたかったし…。」 早速出掛けることにした。
彼女の病気平癒を祈り、そして3月の広島でのひな祭りコンサート無事終了
の御礼もしなくては。人形町の甘酒横丁にある酒屋さんで、奉納用の日本酒
を買い求める。今回は、「和」という名前の愛知の純米酒を選んだ。

水天宮に着いて、天之御中主大神さまと辨財天さまにお参りする。
昨年9月の水天宮奉納演奏以来、ずっと懇意にしていただいている権禰宜
でいらした有馬さん(有馬家17代当主でいらっしゃる)が宮司様になられた
ので、ご挨拶をしておこうとお姿を探したが、16時過ぎると一般のご祈願
は終わっているはずなのに、神殿の中では数名の神職の方々が集まって何か
お祭りをしていらっしゃる。
巫女さんに聞くと「今、宵宮の途中で、間もなく終わりますのでお待ちくだ
さいますか。」とのこと。神殿では、一般には公開しない祭儀が行われていた。
私は、神道に詳しいわけではないが、祭の前日のことを宵宮(よいみや)
といい、この日に行われる祭典を宵宮祭という。元来、神霊は常に社殿の中
に鎮まっておられるというよりも、祭の時に来臨されると信じられており、
しかも夜間それが行われると思われてきた。祭の前の晩を重要なる晩である
と意識して宵宮と称し、現在、宵宮祭は夜中ではなく、夕刻に行うところが
ほとんどのようだ。

境内の椅子に腰掛けると、爽やかな5月の風が頬を撫で、空を見上げると
龍神が舞っているようなエネルギーが満ちていた。
「 映美ちゃん、なんか、ここ、すごくいい“ 気 ” 。パワースポットだね…」
隣で彼女が呟いた。
このエネルギーの高さは、宵宮祭の最中に来たからだろうか。とても偶然
とは思えないタイミングでの参拝になった。

しばらくすると、有馬宮司さんが奥様と一緒にご挨拶に来て下さった。
お酒をお渡しすると、「実は、明日5月5日は水天宮の例大祭なんです。
このお酒は明日奉納させていただきますね。丁度、例大祭と戌の日が重なって
おりまして、こういう年はめったにないので、例大祭の儀式と一般のご祈願
で、明日はすごいことになりそうです。(笑)」とのこと。
なんと、年1回の大祭の宵宮に参拝・奉納できるとは…。通常の戌の日でも
安産ご祈願で混み合うのに、5月5日こどもの日の例大祭と重なるとあって
は大変な賑わいとなるだろう。しかも有馬さんが宮司になられて最初の例大祭、
ご挨拶できて本当によかった。

日本橋で食事をしてから病院に戻り、頂戴したお札や例大祭の記念品をベッド
の脇に置く。心に残る参拝になって、実に嬉しい。
「 元気になったよ。本当にありがとう。 」
「 うん。よかった。また週末に来るから。お天気よかったら、浜離宮庭園に
行こうね。」

そして、5月5日。あいにくの雨で例大祭も大変だろうが、これも浄めの雨
だろうかと思っていたら、ある友達から「お誕生日おめでとう!」のメール
が届く。私の誕生日は来月なのに、なんのことだろう?
マヤ暦に詳しいその人が言うには、2009年5月5日は、1964年6月19日に
生まれた私の誕生日と同じ 「 KIN182 白い宇宙の風 」 の日なのだそうだ。
今日が、私の銀河の誕生日なんだと。
おやまぁ、いろんなことが重なる日だ。
全部全部、ありがたい。

by Emi Nakamura
[PR]
トラックバックURL : https://kyowado.exblog.jp/tb/11474638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kyowado | 2009-05-08 00:00 | あれこれ…想う | Trackback | Comments(0)