人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

2009年9月9日のこと。

このブログを開設当初から読んでくださっている方は、2008年8月8日8時8分に、
響和堂ホームページを開設し、9月9日9時9分にブログを立ち上げ、10月10日
10時10分だの、11月11日11時11分だの、とゾロメ好きぶりを遺憾なく発揮
していたのはご存知のはず。

2009年9月9日に、何もしないはずがない。
えぇ、もちろんですとも。

この日は、日本橋劇場でリハーサルを行った日です。公演を行う劇場を使って
のリハーサルに別の日程を組むなどという贅沢なことは通常しないものですが、
9月9日は重陽の節供。そして巳の日であり、日本橋劇場近くの水天宮では、
芸術の女神・辨天様がご開帳の日。公演の成功を祈る奉納をするようなつもりで
出演者全員を集めたかったのです。

当初、リハが終わってから水天宮にて昨年同様奉納演奏をする予定でしたが、
諸事情があって水天宮で執り行うことができなくなりました。
はて、困った。
昨年、日本橋劇場の申込みをしたときから、9月9日には奉納演奏をしようと
決めていました。私にとって、2009年9月9日は、とてつもなく大きな
エネルギーが集まるような、とても大事な日であると感じていたからです。
それが急遽できないとなると…どうしよう。どこでどうやって奉納をすれば
いいだろう…。

8月の終わりのある日、1本の電話が入りました。
電話の主は、横浜元町にあるギャラリー「あいおらいと1223」のオーナー
足立 優さん。
「 今、映美さんのお勤め先のあるビルに用事があって来てるの。ちょっとお顔
見られるかしら? 」
このギャラリーは8月の頭に、広島から上京してきた姉と一緒に横浜へ行き、
たまたま友人が写真展をやっていたのを思い出して、急遽行くことにした所
でした。元町・汐汲坂にあるそのギャラリーに入ると、鳥居礼先生の 「 橘 」の
絵が飾ってあるわ、琵琶奏者の塩高 さんのチラシはおいてあるわ、私の勤務先
と同じビルに入っている会社が取り扱う画家、アンディ・レイキーの絵を販売
しているわ、なんだか繋がりのあるものばかり…。おまけに「 厳島神社 」 の
御札までかかっています。
広島出身の私にとって、厳島神社=市杵島姫(いちきしまひめ)=辨天様は、
とりわけご縁を感じる神社です。聞くと、元町にも小さな厳島神社があって、
地元の氏神様として大事にしているのだとか。
オーナーの足立さんには、初めて会ったと思えない懐かしさと親愛を感じました。

その、8月頭に一度会ったきりの足立さんが、「 映美さん、9月9日には奉納
演奏をすると仰ってたでしょ? 私も前々からこの日をどう過ごそうかと
ずっと考えていたの。是非、映美さんと一緒に祈らせて戴けないかしら?」
と訪ねていらしたのです。
「 それがね、水天宮では行えないことになって…あっ、あぁーーーーー!」
その時、あの厳島神社の御札が目に浮かびました。
「 横浜に行きましょう! 横浜でやりましょう!」
厳島神社はまさしく辨天様所縁の神社。9月9日の奉納演奏に、これ以上相応
しい場所はないでしょう。

「 それは、素晴らしい! 嬉しいわ! 明日早速、自治会長さんにお話しして
みるわね。」興奮しながら帰っていかれた足立さんから、数時間後にまた電話
が入りました。
「 今、元町に戻ったのだけど、明日ご相談しようと思った自治会長さんが
目の前にいらしたのよ〜! それで、奉納演奏のお話しをしたら、伊勢山
皇大神宮に話を繋いでくださるって。」
この元町厳島神社は、常時神職の方がいらっしゃるお社ではなく、何かある
度に横浜の総鎮守である伊勢山皇大神宮から神官がやってきてくださること
になっています。
9月9日は16:30までリハーサルが行われるため、終了後横浜に移動して
準備すると、どうしても開始時間は18:30過ぎになるでしょう。通常、
この時間帯に正式な玉串奉納や、奉納演奏をすることはまずありません。
それが、話は驚くほどトントン拍子にすすみ、なんと、宮司さん自ら神官
伴ってお越しくださり、祝詞をあげてくださることになったのです。
これまで、奉納演奏が行われたことはなく、異例中の異例のお取計らい
でした。

時を同じくして、9月9日にはNHKの番組ロケも入ることになりました。
11日にスタジオ生出演する3人以外の出演者も含めて、コンサートの
概要が伝わりやすい。なんてラッキーなんでしょう!
無理して劇場リハーサルに1日割いた甲斐がありました。

… 続く …

by Emi Nakamura
by kyowado | 2009-09-18 23:23 | あれこれ…想う