人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

そして至福のディナー

宮下家のうどんで始まった日曜日の午後。
6時間の出来事を、4つのブログを書くほどもりだくさんな1日でした。充分大満
足ですが、宮下周平さんが、最後にとっておきのフレンチレストランを予約して
おいてくださいました。
そして至福のディナー_c0173978_23214539.jpg

河口湖にあるフレンチレストラン「 ロマラン 」です。
特に有名レストランで修行されたわけでもなく、ご夫婦ふたりで切り盛りされて
いるこじんまりとしたレストランですが、いやはや、マイリマシタ!
ありがたいことに(女性に生まれた特権で)東京ではミシュラン三つ星をはじめ
として、いろんなフレンチレストランで食事をする機会がたくさんありましたが、
そのどことも全く質感の違うイキイキとした美味しさに溢れているのです。
なぜだろう?
この店では魚と肉以外のもの、そうたくさんの種類のみずみずしい野菜たちの
ほとんどが家庭菜園で作られたものなのです。仕入れした高級素材を高度なテク
ニックで調理するのも料理人の技ですが、ここは、種をまき、水をやり、育て、
収穫するという、何ヶ月もかかる行程からここの一皿の料理は始まっているのです。
この一皿に注がれた汗と愛と時間の多さ。
みかけはこれといって代わり映えのするものではないけれど、一口食べた時に広
がる食材の力強さ、まろやかさには驚きました。
そして至福のディナー_c0173978_23313766.jpg

そして至福のディナー_c0173978_23315346.jpg

そして至福のディナー_c0173978_23321192.jpg

この他、パンやスープがついて、お腹いっぱい大満足のボリュームで、お料理は
¥3,675ナリ! なんというコストパフォーマンスでしょう。
こうして美味しいディナーに舌鼓を打ちながら、今日のなんとも濃密な1日を、
喜びとともにみんなで語り合います。
そして至福のディナー_c0173978_2351358.jpg

紫帆さんは、本当に天真爛漫で聡明で、そして音楽の神様に祝福された、とても
素敵なアーティストでした。最後にハグして、再会を約束します。
この日のことは紫帆さんのブログにもアップしてあり、「 仲村映美さんと。
とても仲良しになりました。」って書いてくださって、とっても嬉しいな。
■ 天女座物語 http://ameblo.jp/shiho392008/day-20091025.html/l
熊野の天女座の切り盛りから、東へ西への演奏旅行でお忙しいのに、数日後
「 初めてお目にかかった感じがしなくて〜〜、なにかご縁を感じました。今後共
仲良くしてくださいネ!!」とお手紙をくださって本当に感激です。

みなさんは1泊され、私は翌日仕事なので、ひとり東京に戻ります。
本当に、よくぞまぁ、半日でこれだけの体験ができたものだなぁと幸福の余韻に
浸りながら中央高速を駆け抜けました。


by Emi Nakamura
by kyowado | 2009-11-13 17:17 | ちょっとお出掛け