人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

新宿御苑の菊花壇展 - 2

新宿御苑の菊花壇展 - 2_c0173978_21281145.jpg

さて、入口にもあった、一株から数百輪の花が咲くように仕立てる御苑独自の技法
を誇る「 大作り花壇 」です。
新宿御苑の菊花壇展 - 2_c0173978_21335992.jpg

この菊花の数、なんと718!! これが同時に咲き、かつ姿かたちがともに揃う
など、高度な技術を必要とします。
新宿御苑の菊花壇展 - 2_c0173978_21394664.jpg

これだけの花がこの細い一本の茎から…。なんと素晴らしい匠の技でしょう。
皇室の伝統園芸を受け継ぐこの菊花壇は、世界中の造園に携わる方達から多くの
賞賛を集めているのも頷けます。
新宿御苑の菊花壇展 - 2_c0173978_2221748.jpg

菊花を愛で、秋の日本庭園の風情を楽しんだ後は、「 母と子の森 」のエリアを散策
します。
新宿御苑の菊花壇展 - 2_c0173978_2157621.jpg

あれれ、不思議な木があります。
新宿御苑の菊花壇展 - 2_c0173978_220892.jpg

落羽松(ラクウショウ)の木、別名ヌマスギです。枝を鳥の羽に見立て、枝ごと羽
が落ちることから落羽松と名前が付いたそうです。松の字が付きますが、スギ科の
木です。他の樹木が根腐れするような湿地でもよく育ち、そのような場所に育つと
気根(きこん)または膝根(しっこん)と呼ばれる呼吸根を地中から出します。
新宿御苑の菊花壇展 - 2_c0173978_22205651.jpg

これがその呼吸根。動物や人のようなユニークな形をしています。
ムーミン谷に迷い込んだような(行ったことないけど)、不思議な森。
新宿御苑の菊花壇展 - 2_c0173978_22392847.jpg

西洋庭園はまた後日散策することにしましょう。
新宿御苑、実に見所の多い素晴らしい公園です。ホームページでその歴史の
ページを読むと、近代農業技術から近代園芸の試験場としての役割、皇室庭園
から国民公園への変遷を実に興味深く知ることができます。
この菊花壇展は11月の約2週間だけの会期です。今年見逃した方は、是非来年
訪れてみてはいかがでしょう。
http://www.fng.or.jp/shinjuku/info/shinjuku_history1.html


by Emi Nakamura
by kyowado | 2009-11-24 10:10 | ちょっとお出掛け