人気ブログランキング |

ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

京都丹後与謝野町の美味しいお米

先日、友人から贈っていただいた筍は、京都府の北部、丹後半島にある与謝野町
の京都祐喜さんのものだ。http://kyoto-yuki.net/
与謝野町は与謝野鉄幹・晶子夫妻、与謝蕪村など、日本の文学史にその名を刻む
俳人や歌人達のゆかりの地だ。
肥えた土と、山から流れ出る冷たくきれいな水、昼夜の温度差を利用して栽培さ
れたお米は、ツヤ・粘り・甘みが強いのが特長であるという。この京都丹後こし
ひかりは、平成19年〜21年の3年連続で最高級の「特A」を獲得しているそうだ
が、流通量に限りがあるため、ほとんど京都府内で消費され、首都圏には出回ら
ない幻のお米と言われている。
そのお米を届けてくれるのが、京都祐喜さんだ。
c0173978_546651.jpg

「歌人(うたびと)」「京の豆っこ米」「丹後こしひかり」などの銘柄を扱っ
ている。これがもう、たまらなく美味しいお米なのだ。
特にとてつもなく美味しいのが「歌人(うたびと)」。
実は、この筆文字を書かれたのが「 マスラオ 」や「 壱太郎 」の筆文字を書いて
くださった小林覚さんである。先般は、広島で姉と活動している「ひな祭り文化
普及協會」のホームページで「 愛と和の 心育む 日本文化 ひな祭り 」という文
字をご提供いただいた。本当に足を向けて寝られない恩人なのである。
筆文字アーティスト・小林 覚さんの「三左衛門.net」http://sanzaemon.net/
そのご縁で小林さんから教えて頂いたのが、京都祐喜さんの美味しいお米。
京野菜や黒豆も扱っていらっしゃる。
この度、筍に舌鼓を打って、そういえば丁度お米が切れていたし、お仕えものに
もしたいし(手土産に持っていける2kg入りもあり)と、お米のお取り寄せを
したのが届いた。
炊きたてあつあつツヤツヤご飯はもとより、冷めても美味しい。おかずがいらな
いくらい、旨みが強いし、特に独特の粘りを感じる食感が素晴らしい。
あぁ、たまごかけご飯は広島の牡蠣醤油、博多明太子もいいなぁ、海苔の佃煮、
ぬか漬け…あぁ、幸せ。
本当にオススメ!
c0173978_6304456.jpg

仲村 映美
by kyowado | 2011-05-03 05:03 | 美味しいもの