ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

上々颱風@花園神社

都内某所美味しい飲み屋さんで隣り合わせ、アーティストとプロデューサー
という立場でいろいろお話しして大いに盛り上がった女性。初対面とは思え
ないほど、意気投合して、ライブにご招待していただくことになった。
その女性は西川郷子(にしかわさとこ)さん、「上々颱風」(シャンシャン
タイフーン)のヴォーカリストだ。このバンドはツインヴォーカルで、もう
ひとりのヴォーカリストの名前は白崎映美さん。そう、私と同じ「映美」の
字を書く。
c0173978_1702389.jpg

7月9日(土)19時から、花園神社の境内にて。この花園神社では毎年七夕
前後にライブを始めて、もう20年になるそうだ。
いきなり1曲目から涙が出てきた。
しっとりしたバラードではない。ハイテンション、元気いっぱいのチャンチキ
だが、この明るさがありがたくて、なんだか涙が出たのである。
神社の境内でのオールスタンディング、野外ライブということもあって、
お祭り気分のノリのいいプログラムで構成されていたが、心に響く自然讃歌
も盛り込まれ、存在する全ての命に対する愛が、ツインヴォーカルの圧倒的
な歌唱力で力強く表現されていた。郷子さんの声は、特長的なハイトーンヴォ
イスのみならず、とても豊かで多彩な色を放つ。
お見事! とても素晴らしいパフォーマンスを楽しむことができた。

打ち上げに参加させていただき、いろんな方とお話しして新しいご縁もたく
さんできた。終電の時間も過ぎたが、「お好み焼き食べにいこう!」と郷子
さんと私を含め4人で、新宿ゴールデン街に繰りだす。
久しぶりに深酒。
郷子さんとは何か創りあげてみたいなぁと思う。えぇ、やりますよ、何か。
楽しくて、ありがたくて、また涙がでる夜だった。

「上々颱風」
"紅龍&ひまわりシスターズ"を前身として86年に結成され、90年にデビュー
を飾る。琉球民謡や河内音頭などの土俗的音楽をベースに、当時盛り上がり
つつあったワールド・ミュージックの要素をちりばめ、新たなドメスティッ
ク・ポップを創造。JAL沖縄キャンペーンのCMソング「愛より青い海」
(91年)もスマッシュ・ヒットし、広く知られることになる。スタジオ・
ジブリ作品「平成狸合戦ぽんぽこ」の音楽も担当。
また、お寺、祭り、市場……とユニークな場所でコンサートを開催すること
も有名で、常に大衆に根差した視点で音を発信。アジア各国やフランスなど
でもライヴを行い、国際的評価も高いグループだ。

仲村 映美
by kyowado | 2011-07-09 23:59 | Live