人気ブログランキング |

ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

夏休みの旅~身延山

スタッフ・浩子です。
二日目は身延山へ。身延山久遠寺は日蓮宗総本山です。
今から750年前 日蓮大聖人が晩年を過ごし、遺骨が納められているそうです。
夏休みの旅~身延山_c0173978_23293019.jpg
本堂へと続く入口、立派な「三門」をくぐります。
夏休みの旅~身延山_c0173978_2319584.jpg
三門の中に、なんと「向嶋講」と書かれた大提灯。
向嶋とは、私の住む地域、向島ではありませんか!
いつ頃奉納されたものでしょうか。料亭名や個人の名前が書かれていました。
夏休みの旅~身延山_c0173978_23243390.jpg
さて、いよいよです。
杉木立を歩いていくと、「菩提梯」と呼ばれる287段、高さ107mの石段が
見えてきました。菩提=覚り、梯=かけはし ということだそうです。 うーむ。。。
夏休みの旅~身延山_c0173978_2326775.jpg
駐車場のほうから斜行エレベーターで上がることもできるとかで、
最初はもちろんそのつもりで・・しかし、なんと80歳くらいのお婆さまが
「自分で登らないとご利益がないそうだから~」と言って、石段を上り
始めたのです。それならば私も・・・と思ってしまったのですよね。
夏休みの旅~身延山_c0173978_23261693.jpg
とにかく一段が高くて急こう配。写真では伝わらないかもしれませんが、
体感角度は45度以上!!手すりを持ってつまづかぬように踏み外さ
ないように上がります。
夏休みの旅~身延山_c0173978_23353832.jpg
お婆さまは、ほどなく諦めて横道にそれて上り坂のほうに行ってしまい
ました。無理もありません(T_T)
ああ、私は最後までがんばるぞ!と叱咤しながら、というよりも、もう
途中まで上がると、今度は降りるのが怖くて、進むしかなくなるのです。
(途中、見下ろした景色・・思い出しても足がすくむ~)
夏休みの旅~身延山_c0173978_021389.jpg

私がふうふうと這うように上がる横を、高校生くらいの男子たちが、
リズミカルにトットットッと下りていきました。部活のトレーニングでもして
いるのでしょうか。小さな男の子も走って二往復していました。子供は
体が軽いから平気なのに違いない。この立派な体(体重)がうらめしい。
そして、やっとの思いで着きました・・・本堂と五重塔です。
夏休みの旅~身延山_c0173978_2341519.jpg

続く・・・

※自分の足で上がっても、斜行エレベーターを使っても、ご利益は同じです。
by kyowado | 2011-08-16 20:16 | ちょっとお出掛け