ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

私たちの出会い

浩子です。
今からずいぶん昔々のこと、
・・・いえ、ちょびっと前のこと、
山口県の田舎の高校、私が1年生のたぶん夏頃のことでした。

田舎といっても一学年10クラスくらいあるマンモス校。
クラスやクラブ活動、学年が違えば、人と人が出会い、そして声をかけて
友人になる確率は高くはないのです。
だけど、その千人以上もいる生徒の中で、映美先輩と出会いました。
遠くからでもわかるくらい、キラキラと輝いていたのでした。

なんて書くと大袈裟な!と思うかもしれませんが、
映美先輩を知っている人ならウンウンと頷いてくれるでしょう。

ネクラで夢見がちな少女だった私には、これまた大袈裟ではなく
衝撃的な出会いでした。
心の話、魂の話、神様の話、はたまた宇宙の話まで、どこまでも
広がる映美ワールドに度肝をぬかれ、まばたきも忘れてポカンと口を
開けたままお話を聞いていたような気がします。
ノストラダムスの大予言が流行っていた時代のことです。
人類にとって悲観的な予言とは正反対の、光に満ちたすばらしく
不思議な話ばかりでした。
保守的な環境に育ち、息苦しい失望感をもっていた私には(ネクラじゃ…)、
まるで希望の種を胸の中に植えてもらったようでした。
そして、卒業と同時に、映美先輩は東京に飛び立っていきました。

時は過ぎて、私は数年前に結婚をして東京へ来ました。
そして映美先輩と再会したとき、お互いの姿の変化を一瞬確認(笑)
した後は、もう、高3のポニーテール少女と高1の段カット少女に戻って
岩国弁で大しゃべりしていました。

今年の2月頃、「和の心を伝えるコンサートを東京でもやりたいと
思うのだけど、浩子ちゃん手伝ってくれたら嬉しいなぁ♪」
と言ってくださったとき、
胸のところの眠っていた種がふわ~っと光って、小さな芽を出したような
気がしました。
同時に、私に務まるかしら?お役に立てるかしら?という不安の芽も
生まれましたが、それでも私は、この希望と不安の芽を大事に育てていこうと。

映美先輩と私の出会い、再会のお話でした。
今でもふと不思議な気持ちになります。
あのカラスと呼ばれた真っ黒い制服を着て、廊下で友達と映美先輩を囲んで
おしゃべりをしていた記憶と、今が、繋がっていることの不思議。
神様からいただいたプレゼントであるならば(きっとそうですね)、
そんなご縁の不思議と喜びが、皆様にもありますように。。。

  …センチメンタルな内容になって、こっ恥ずかしいです。えへ。
[PR]
by kyowado | 2008-09-17 15:15 | あれこれ…想う