ブログトップ

響和堂Blog 『 湧玉 wakutama 』

薬師さまの大祭

「うちのお寺でお祭りがあるから、いらっしゃいよ。」
久し振りに親戚のおじさまと電話でお話した時に、お誘いをいただいた。
東京都羽村市にある、臨済宗建長寺派 医王山「宗禅寺」。
c0173978_1893588.jpg

この寺の本堂は1695年(元禄8年)に作られ、おじさまは20世の住職だ。
しばらくご無沙汰していたが、私は父方の親戚とはこのお寺の方々としか行き来
がなく、しかも、私はここの家族が大好きだ。
私の祖母の弟にあたるのが19世の住職で、晩年の祖母は広島から上京してきては
随分このお寺でお世話になった。
私が祖母がいる時に訪ねて行くと、いつも変わらず温かく迎えてくれ、笑い声の
絶えない団欒に、心から楽しいひとときを感謝したものだ。
その祖母も数年前に亡くなり、この度、広島に用事があって来られたおじさまが、
忙しい時間を割いて祖母の仏壇でお経をあげ、お墓参りをしてくださった。
その御礼もかねて、10月4日、お寺のお祭りに行くことにした。

神社のお祭りはよく聞くが、お寺のお祭りというものは体験がない。
なんのお祭りだろう?と思って行くと、それは「薬師如来大祭」であった。
c0173978_18132136.jpg

この薬師堂は、1583年(天正11年)に建てられた村で一番古い建築物である。
薬師如来は医薬と治療の仏であり、俗世の苦しみを癒してくれる全能の仏として
日本国中で崇められている。
c0173978_18262234.jpg

c0173978_12504944.jpg

夕方4時から夜8時まで、いろいろな演目。全て檀家さんを中心にした地元の人達の出演と運営だ。

般若心経をはじめ、ご詠歌の奉詠のあと、薬師堂に入って「百万遍の数珠まわし」
に私も参加する。
c0173978_1249324.jpg


「オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ」という薬師如来のマントラを唱えながら、大きな数珠をみんなでリズミカルに廻していくというもの。(さすがに百万遍は無理なので、1グループ7周ずつ…それでも結構大変!)


c0173978_12361898.jpg



行列の絶えない鯛焼き(¥50)の屋台。焼いているのは獣医さんだ。
焼きそば(¥100)を作っているのは大工さん。みんな地元の人達。



c0173978_12372534.jpg



ポップコーンや綿菓子は無料。「おねえさん、綺麗だなぁ〜。暗いからかなぁ〜。」とオジサン。ジュースやお茶も無料である。


c0173978_12381428.jpg




「建長汁」そう、「けんちん汁」は建長寺発祥の汁。もちろん無料でふるまわれる。なんと大きな鍋!学校給食用のサイズ。



c0173978_1239955.jpg





川崎囃子(この辺りは羽村市川崎という地)の子供連のお神楽。



c0173978_1240425.jpg





フラメンコまで登場して、不思議な雰囲気!地元のスナックのママさんがリーダーらしく、客席から声援が。





この他、大正琴の演奏や日本舞踊など、地元のサークル活動の発表会のようでは
あるが、そこがまた地元に愛されている寺ということをしみじみ感じ、「あぁ、
本来、寺とはこうあるべき!」という想いに胸が熱くなった。

c0173978_1455725.jpg


最後は有名な民謡歌手の伊庭末男さんのショーのあと、炭坑節の生演奏に盆踊り!







薬師如来に見守られ、寺を中心にした幸福で健康的な村の生活。みんなが
助け合い、それぞれの役割を果たしながら、お祭りを盛り上げる。
古きよき日本の姿がそこにあった。
人々の笑顔と音楽に誘われて、たくさんの御霊も集まって一緒に楽しんでいる
のを感じた。
c0173978_1515473.jpg

夜も更けるまで、88歳のおばあさまや 美しく聡明な女性に成長して両親を助ける
はとこ とお喋りをして、本当に楽しい一日だった。
翌日、10月5日は達磨禅師がお亡くなりになった日。建長寺で「達磨忌 御詠歌
奉歌大会」が行われるため、おじさまはこの日の内に鎌倉へ。
実は建長寺の宗務総長という役職でもある。1253年に創建された日本最古の
禅寺において、管長さまに次ぐ役職を戴いているが、それに相応しい徳の備わっ
た方だと、親戚ながら敬服する。
おばさまは、翌朝6時から朝粥会だ。座禅会に写経会、ご詠歌、そして日々の
法要と、寺の毎日は忙しい。鎌倉でのお務めに多忙を極めるおじさまに変わって、
地元の寺のことは、おばさまが実に見事にとりしきっていらっしゃる。「大丈夫、
大丈夫!みんなが助けてくれるから。」といつも明るい笑顔で…。

薬師さま、どうぞ、みんなが元気で幸せに暮らせますよう、お守りくださいませ。
合掌。
[PR]
トラックバックURL : https://kyowado.exblog.jp/tb/9884528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kyowado | 2008-10-08 15:16 | いろいろ…観る | Trackback | Comments(0)